手作りローストビーフの日持ちは冷蔵庫で何日?切ってからは?

手作りのローストビーフって、どれくらい日持ちするかご存じですか?

スーパーで売られているものは、賞味期限がとても短いです。

自宅で手作りするローストビーフ。日持ちの目安を知っておくと、パーティーやおせち料理の準備もはかどりますね。

スライスする前のローストビーフ。
スライスしたローストビーフ。

冷蔵庫で保存する場合。
冷凍して保存する場合。

この記事では、それぞれの保存期間をご紹介いたします。

スポンサーリンク


手作りローストビーフの日持ちは?

みずからの手で調理した手作りローストビーフって、何日くらい日持ちがするのでしょう?(「適切に調理できたもの」を想定してお伝えします。)

安心して食べられる日数としては、調理した日も含めて3日以内がおすすめ。それを過ぎると、風味が落ち、水分が抜けてパサパサした食感になってしまいます。

ただし、3日以内というのは切り分けていない場合です。通常、肉が傷むのは表面から。表面をしっかりと焼いて仕上げるローストビーフは痛みにくいのです。

肉の状態を味や匂いで正確に判断できる人なら、4~5日は大丈夫ともいわれます。

ローストビーフは冷蔵庫で何日保存できる?

実は、ローストビーフは、保存方法によって、もう少し日持ちさせることができます。

先ほど3日以内に召し上がることをおすすめしたのは、家庭用の冷蔵庫で保存した場合の目安です。

冷蔵庫には「チルド」という機能のついたお部屋(もしくは引き出し)がありますね。チルド室(チルドルーム)は、凍結寸前の温度で食品を冷却するスペースです。

チルド室であれば、ローストビーフも1週間は日持ちさせることができます。

でも、匂いが気になったり、噛んでみて少しでも酸っぱい味がするようなら、やめておいたほうが無難です。

ローストビーフの保存期間、切ってからは何日?

ローストビーフ を切ったあとは、保存期間を短めに考えた方がよいでしょう。

塊で残った方のローストビーフ、うすくスライスしたローストビーフ、それぞれの日持ちの目安を参考にしてください。

スライスしたあと、残った方のローストビーフ

スライスして残った方の塊(かたまり)のローストビーフは、
まったくスライスしていないローストビーフよりも、
保存期間を若干短く考えるのが妥当でしょう。

実際に大丈夫だったケースの日数は次のとおりです。

  • 冷蔵庫:調理した日も含めて、翌日まで
  • チルド室:4日~5日
  • 冷凍室:2週間~3週間

これ以上は、確かめた例はないので、このあたりを目安にしてください。

スライスしたローストビーフ

薄くスライスしたローストビーフは、すぐに食べる方がいいですね。
保存したいなら冷凍にしましょう。日持ちの目安は2週間くらいですね。
あとは別のメニューに変身させて、食べている人が多いです。
例えば、完全に焼いてしまって、チャーハンに使うなどです。

スポンサーリンク


まとめ

手作りのローストビーフも、日持ちするとは言われていますが、
風味があるうちに、早めにいただいてください。

いただきもののローストビーフや、買ってきたローストビーフは、
表記されている賞味期限を守りましょう。

スポンサーリンク



手作りローストビーフの日持ちは冷蔵庫で何日?切ってからは?” に対して2件のコメントがあります。

  1. 三木安栄 より:

    初めて、作ってみました。正月に子供たちが来るときに日持ちが気になりましたので
    とても参考になりました。 美味しく食べられるには、時期があるのですね。

    1. るるる より:

      こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      手作りのローストビーフ、
      とても喜ばれるでしょうね!
      楽しいお正月になりますように^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


9 − 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)