卒園式のママを小顔に見せるスーツのインナーと色選び!入学式にも

もうすぐお子様が卒園されるお母様方、
卒園式に着るスーツの準備はできましたか?

明るい色のスーツや着物をお考えのお母様もいらっしゃるでしょうが、
一番無難なものはブラックフォーマルですね。

ブラックフォーマルを購入して、さてインナーは?とお悩みの方も多いでしょう。

今回はブラックフォーマルを卒園式にふさわしく着こなすための
インナー選びについてご紹介いたします。

スポンサード リンク



卒園式のママのスーツ インナーはどう選ぶ?

 

卒園式のブラックフォーマルのインナーでよく見かけるのは
立ち襟のフリルブラウスですね。

立ち襟のフリルブラウスは、襟や胸元のフリルが華やかなので

  • 首周りをあまり出したくない方
  • 胸元やスーツの上半身にボリュームを出したい方

にはぴったりです。

 

小顔に見せたいママには立ち襟フリルブラウスよりもコレ

 

そういう方とは逆に、

  • 首周りや胸元をすっきり見せたい
  • 首のつまったブラウスは着慣れていない…

というお母様には、リボンタイプのブラウスはいかがでしょうか。

リボンタイシフォンジョーゼットブラウス(カットソー身頃裏地付)

 

このタイプのブラウスでしたら、
首周りを窮屈に感じないですし、
顔の下にボリュームが出るので小顔効果も期待できます。

 

胸回りもスッキリ見せたいママにはこのインナー

 

首周りだけではなく、胸周りもすっきり見せたいという方には
このようなタイプがおすすめです。

 

シンプルではあるものの、
タックややわらかいドレープがエレガントな雰囲気を出してくれます。

 

キャミソールやベアトップは要注意!

 

「とにかく上半身にボリュームを出したくない!」と思われる方には
キャミソールやベアトップもよくおすすめされていますが、
キャミソールやベアトップを着用するには少し注意が必要です。

式だけ出て帰る、という方なら問題はないですが、
その後のお食事会や謝恩会にもそのまま出席される場合は
途中でジャケットを脱ぎたくなったり、ジャケットのボタンを開けたくなることも考えられます。

ボタンを開けるだけなら…と思われるかもしれませんが、
動きの激しい小さなお子様も一緒に行動されることを考えると、
とっさの動作の時に周囲の人に不用意に肌が見えてしまう場合もあるかもしれません。

式の後に予定がある方はジャケットを脱ぐ、
またはジャケットの中が見えることも頭に入れて
インナーを選んで下さいね。

 

黒のインナーは避ける

 

インナーの色は、ブラックフォーマルから浮かない色であれば
基本的にどの色でも大丈夫ですが、やはり避けた方がよい色もあります。

一番避けたいのは黒。

ブラックフォーマルで、インナーまで黒にすると暗い雰囲気になってしまいますし、
インナーの形次第では喪服のようになってしまいます。

また濃い赤や紫、紺もブラックフォーマルと合わせると
重たく沈んだ印象になってしまうので避けた方がよいですね。

 

卒園式のインナーの色はこうチョイスする!

 

先ほども述べたとおり、インナーの色は黒や濃い赤、紫、紺以外から、
ご自分に似合う色を選びましょう。

普段は着ないゴールドベージュやシルバーグレーなど
光沢感のあるものに挑戦してみるのもいいですね。

 

入学式も同じブラックフォーマルを着まわすおつもりでしたら、
卒園式では少し落ち着いたトーンのインナーで、入学式との“差”をつけましょう。

白は無難に合わせやすいですが、真っ白は他のお母様方とかぶりやすいですよね。
ですから、同じ白でもオフホワイトやクリーム色などを選んではいかがでしょうか。

薄いベージュもやわらかで優しい印象を与えます。
ただし薄いベージュはちょっと年齢が上に見えてしまう場合もありますので、
光沢のあるものがおすすめです。

 

色ものをお好みの方は、

  • パステルトーンのピンクやイエロー
  • オレンジ系

などのインナーで、落ち着いた中にも明るさや若々しさを出しましょう。

暖色系は着慣れていないという方でしたら、

  • パステルブルー
  • ラベンダー
  • 薄いモカ

を選ぶとエレガントで大人な雰囲気になってオススメですよ!

 

スポンサード リンク

入学式に同じスーツを着るママはこんなインナーを

 

入学式も卒園式と同じブラックフォーマルを着られる方は、
卒園式でのインナーを決める時に入学式で着るインナーも一緒に決めておくといいですね。

  • 卒園式で白系のインナーを選んだら、入学式では色もののインナー
     
  • 卒園式ではジャケットのボタンを閉めて着たら、
    入学式ではプルオーバータイプのインナーにしてジャケットの前を開けて着る

など変化をつけると、同じブラックフォーマルでも全く違う着こなしができます。

 

どちらの式も“お祝い事”ですので華やかな雰囲気にしたいですが、
同じ“華やかな雰囲気”でも入学式は卒園式の時よりも明るめにすることを意識しましょう。

レースブラウス

レースブラウス
価格:2,480円(税込、送料込)

 

卒園式では落ち着いたトーンの色ものにして、
入学式では白系できれいなレース使いのものや
上品なラメが入ったインナーを選択してもいいかもしれません。

 

※関連記事

卒園式・卒業式、入園式・入学式記事まとめ

 

 

まとめ

 

フォーマルスーツ、しかもブラックフォーマルでは
他のお母様方と似たような印象になってしまう…と気にされるお母様もいらっしゃるでしょう。

ましてや諸事情で、卒園式も入学式も同じブラックフォーマルにしなければ…という場合は、
ますます着こなしに悩んでしまいますね。

スーツが同じでも、インナーの色や形、素材で印象や雰囲気は全く違ったものになります。

いろいろなインナーと組み合わせてみて、また小物使いを工夫して、
2つの式を同じブラックフォーマルで乗り切りましょう。

卒園式や入学式は“非日常”ですから、
いつもは選ばない色や形、素材のインナーをコーディネートすると
自分の中の“特別感”が盛り上がりますよ。

 

ただ一つ、忘れてならないのは、卒園式や入学式の装いは
あくまでも“お母さん”としての盛装であるということです。

同じ華やかさを演出するのでも、結婚式や同窓会での“華やかさ”とは違うことを頭において
服装を決めていきましょう。
他のお母様方とかぶらないようにすることも大事ですが、
地域独自の“フォーマルな時の服装ルール”もありますので、
周りの年長者にアドバイスをもらったり、
同じ年頃のお子様をもつお母様方から情報を集めて、
親子ともに素敵な思い出が残る式になるよう、“場”にふさわしい服装を選んで下さいね。

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す