楽天銀行口座凍結?!クレジットカードの利用停止を防ぐには?

お小遣い稼ぎや個人事業で便利なのがネット銀行。

在宅で入出金できるメリットから
私も事業用として楽天銀行をメインに使っています。

一昨日あたりから「楽天銀行の口座が多数凍結されているらしい」と
複数のところで耳にしました。

ちょうど月末、クレジットカードの決済日が近い!

慌てて「楽天銀行」とGoogle検索すると
サジェストワードの第一候補に 「凍結」と出たので、
どうも単なる噂ではなさそうだ、と調べて対処した流れを書いておきます。

楽天銀行からお金を引き上げつつ、
それを引き落とし口座にしているクレジットカードの利用停止にならない方法です。

 

スポンサード リンク



楽天銀行の口座が凍結する?!

 

ネットで情報を調べる限り、2015年9月末の時点で凍結されている口座は
小口の入出金が頻繁にある口座に多いようです。

  • ヤフーオークション
  • 輸出入
  • 個別コンサル など

ネットでお金をやり取りしている人ですね。

お金の動きが振り込め詐欺や、犯罪に巻き込まれたのでは?と
全口座対象の「モニタリング」という調査で疑いをもたれた場合に
口座凍結(入出金の一時停止)の対象になるようです。

ただ、そういった方ばかりでなく、
個人事業主として大口の金額を入出金している人も凍結されているので
一概にどうとは言えません。

 

問題は、何の前触れもなく、

  • 「ご利用を停止させていただいております」といったメールが届く
  • 取引相手から入金しようとしてもできないが、どうなっているかと聞かれる
  • ATMから出金できない(おろせない)
  • 楽天銀行の画面にログインできない

という事態になって初めて気づくということ。

気づいたときにはお金が動かせなくなっているのです。
怖いですよね~~~!

 

私は事業用の入出金はイオンクレジットカードにまとめていて、
その決済を楽天銀行でおこなっています。

イオンクレジットカードの決済は毎月2日。
あとほんの数日なのですが、決済不能になるのを避けたい。

どのタイミングで、誰が凍結されるかわからないので
今日はログインできていても、明日はどうなっているかわからない。
決済日ギリギリ直前に凍結されても困る!

 

今日中にほぼすべてのお金を口座から引き出すことは決めて、
とりあえずイオンクレジットカードのコールセンターに相談してみることにしました。

スポンサード リンク

 

クレジットカードの利用停止を防ぐには?

 

口座が凍結して困るのは、その口座で決済をしているクレジットカードが利用停止になることです。

サーバー代などの月額課金サービスなど、事業用の入出金を集約しているので
支払いが滞ったり、そのためにクレジットカードが使えなくなると困ります。

 

イオンクレジットカードのコールセンターに電話をして尋ねてみました。

「決済口座として楽天銀行を使っているが、凍結が相次いでいるようです。
現時点ではログインできていますが、決済日に凍結されていないとも限らない。
どうするのが最良の方法でしょうか?」

 

クレジットカードが利用停止になるのはいくつかのパターンがあります。

中でも多いのが、残高不足での使用停止。
口座が凍結されれば決済できないので、
イオンクレジットカードの場合は 残高不足と同じ扱いになるそうです。

残高不足の場合

  • 決済できなかった旨の連絡・督促状の送付
  • カードの使用停止も場合によってはあり
  • 延滞金は(今回の場合)10月20日から発生

となるとのこと。

そんな面倒はイヤダ…。

 

何かいい方法がありませんか?と相談したところ、
「先に指定口座に振り込む」という方法があると聞きました。

 

クレジットカードの口座変更までは残高不足にしておく

 

楽天銀行からお金を引き上げることができ、かつ、決済日に遅延せず支払う方法

 

少しややこしい話になるので、よく読んで、 かつご利用のカード会社にご相談くださいね。

 

残高不足で決済ができなかった場合、 指定口座に振り込めと言われたこと、ありませんか?

決済用の口座がメインバンクでない場合には
決済日までに入金しておくのを忘れることってありますよね。
(私は何度かあります^^;)

すると、はがきが届いて、期日と口座が指定されていて、
その通りに入金するように、と書かれています。

この口座、あらかじめ一人に一つ、用意されているのだそうです。
※クレジットカード会社によって違うかもしれませんのでご確認ください。

 

なので、今回の場合は

  1. 先に楽天銀行の口座(もともと決済用にしている口座)から
    決済できないように残高を減らしておく
     
  2. 楽天銀行からは決済できないので、カード会社の指定口座に振り込むことになる

という流れを先取りすることを提案されました。

 

つまり、 決済日を待たずに楽天銀行から出金してしまい、
決済日までにカード会社の指定口座に振り込む のです。

 

ここで大事なのは、楽天銀行の口座に決済可能な金額を残さないということです。

今月の支払いが5万円だとしましょう。
楽天銀行に5万円以上残っていたら、通常の処理が優先されて決済されてしまいます。
その上、指定口座に同額を振り込むと、二重に支払うことになってしまいます。

まず、契約口座の残高を減らしておくことが第一です。
ここをくれぐれも間違えないこと。

 

これは凍結される前にお金を引き出しておきたい私のニーズにもピッタリなので(笑)、
手数料込みでギリギリ引き出せる額をゆうちょ銀行に移しました。
(というか、そのまま送金しちゃえばよかったのに…マヌケですね!)

 

クレジットカードの引き落とし口座変更までの対処法

 

今月はこれで乗り切れましたが、不安なく取引したいので口座変更をします。

ところが今日の電話で必要書類を送ってもらったとしても、
引き落とし口座の変更手続きにはおよそ一ヶ月かかるとのこと。

そうなると、次の決済日に間に合わない可能性があります。

 

その場合も、今回と同じ対処を勧められました。

楽天銀行には支払金額以下の額しか置いておかず、
指定口座に手動で振り込めば良いので、
クレジットカードの利用停止や延滞金の発生等を防ぐことができます。

 

ちなみに私が乗り換えようと思っているのは

住信SBIネット銀行 です。 

 

 

まとめ

 

楽天銀行の「モニタリング」自体はどんどんやっていただければいいと思いますが、
検索結果から皆さんの経験を見ている限りでは、
対応が曖昧で、進捗状況がわからないのが一番困りますね。
何がダメで、いつになったら解除されるなどの メドが立たないと事業に支障を来します。
ここがネットバンキングの弱みかもしれません。

実店舗のある銀行のインターネット支店も使いつつ、
ネットバンキングをうまく使っていくことを考えるほうが良さそうです。

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す