結婚式のプチギフトは必要?なしにするならメッセージカードは?

結婚式の準備が進んでくると悩むのがプチギフト。
引き出物はともかく、プチギフトって極端に賛否両論なんですよね。

「何をもらっても嬉しい」という人もいれば「今までもらって良かったものはない」という人まで。

もらって嬉しかった経験のない花嫁は、自分の結婚式でプチギフトを渡すことに抵抗があります。 プチギフトはお渡ししなくてもいいなら、渡さずにお見送りしたい。

さて、どうしたらいいでしょうか。

スポンサード リンク



結婚式のプチギフトはなぜ必要?

 

結婚式のプチギフト、考えてみれば不思議な位置づけですよね。
お見送りのときにバタバタとお渡しして…それも「これ、必要か?」みたいな小さなギフト。

もともとはお見送りの際に引き出物をお渡ししていたのが、結婚式や披露宴のやり方が変わるにつれて見合わなくなり、引き出物はゲストのお席でお渡しするようになりました。

そうするとお見送りのときに手ぶらになってしまうので、何か形だけでも…ということでプチギフトをお渡しする現在の送賓(そうひん)が始まったと言われています。

 

結婚式のプチギフトをなしにしたい!

 

新郎新婦がそれまで参列した結婚式や披露宴でどんなプチギフトをもらってきたか?でプチギフトに対する印象って変わりますよね。
「何をもらってもピンとこなかった」「はっきり言っていらない」「なしがいい」と思っていると、自分の結婚式でお渡しするのは気持ちが矛盾してしまいます。

 

結婚式のゲストって、その日帰宅したときには小腹が空いていることが多いので、フィナンシェなどの焼き菓子みたいな定番ものは「助かる!」という声が多く、特によく知られているブランドのものなら安心感もあります。

また、変わり種のプチギフトなら宝くじ、スクラッチカードなどは意外性があって喜ばれたりします。

wedding-flower01 

あるいは式場装花をお見送りまでの間に小さなブーケにしてもらって、プチギフトとしてお渡しすることも会場によっては可能です。

こんなふうに「ザ・プチギフト」!!って感じじゃなくても抵抗がある、イヤだ、と思われるなら、無理に何かをお渡ししなくても構いません。

 

※関連記事

結婚式のプチギフトもらって嬉しい・喜ばれる、おすすめアイデアは?

スポンサード リンク

 

結婚式プチギフトの代わりに手作りメッセージカードはいかが?

 

私自身がお呼ばれしたり、来ていただいたりした経験からお話しすると、プチギフトそのものにはあまり意味がないと思っています。

 

でも、プチギフトにはたったひとつだけ大事な役割がありました。

結婚式や披露宴で、かなりカジュアルな感じで、たくさんのゲストとお話ししたつもりでも、披露宴の時間中に全員とお一人ずつお話しする機会はありませんでした。
かっちりしたホテルウェディングなら、もっとお話しするチャンスは少ないでしょう。

お見送りのときにちょっと足を止めていただいて、お礼をお伝えするきっかけになるのがプチギフトでした。
ただ顔を見合わせて「ありがとう」と言うだけなのですが、プチギフトをお渡ししながら握手したり、お友達とハグしたり。 そのためのものかなと私は思っています。

 

完全に手ぶらでもいいですね。
結構バタバタとしますから何もお渡ししなくてもいいです。

ただ、ゲストによっては「え、何もないの?」と戸惑うかもしれません。
でしたら、手作りのメッセージカードをお渡しするのはいかがですか?

「サンキューカード」「サンクスカード」とも言われています。

新居の住所と電話番号などは席次表や二人のプロフィールなどとともにテーブルに置いておくことが多いですよね。
でも最近は席次表を持ち帰らない人も増えてきました。
招く側も「席次表やメニュー表はテーブルごとに1枚ずつ」とすることもありますから、そもそも全員が持ち帰ることができない場合も多くあります。

個人宛には席札に参列のお礼のメッセージと新しい住所を書いて、お席に事前に置いておいたりしますが、これをやめて、お見送りのときにお渡しするのです。

カードと一緒にお二人の写真を入れてもいいですね。
新居のご住所とともに「本日はありがとうございました 近くにお越しの際は是非お立ち寄りください」というメッセージも添えるといいでしょう。

 

名刺サイズのカードでしたら、女性の小さなパーティーバッグにも入りますし、男性は財布なんかにスッと入れられます。
「あれ?どこに行っちゃったっけ?」ということもなくなるかも?

 

まとめ

 

せっかくお招きするのですから、ゲストに失礼のない範囲で、あなたの納得のいく形でお式と披露宴ができるのが一番いいです。親御さんのご意見も聞いてあげてくださいね。

思いどおりの結婚式になりますように…!

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す