子供と海に行こう 日焼け対策は帽子?日焼け止めは必要?

春から夏にかけてのお子さんとの外出、楽しいけれど
日焼けや熱中症など心配なことがたくさんありますよね。

今回は紫外線が強い「海」へ行くときに
どのように日焼け対策をすればいいかをご紹介します。

小さいお子さん用の日焼け止めの選び方もご紹介しますね。

スポンサード リンク



子供と海へ!日焼け対策の基本は

 

お子さんの日焼け対策の基本は紫外線を防ぐこと!

昔は「日光浴」が母子手帳で推奨されていましたが
現在では「外気浴」に変わっています。
(直射日光にさらすのではなく、外の空気にあてるのがメイン)

 

外出するときは、まず服装に気をつけましょう。

  • ベビーカーに乗せる子なら日よけは必ず使う
  • つばの広い帽子をかぶせる
  • 濃い色(例えば赤・黒・紺など)の服を着せる

…と、とにかく「日に当たらない」ようにしましょうね。

 

スポンサード リンク

 

また、赤ちゃんでも紫外線防止剤を使うのをおすすめします。
(あとで書きますね)

小さいうちから紫外線対策が必要なの?って思いますが
日常的な紫外線対策は、なんと「生まれてすぐ」から必要だそうです。

夏の外出は日差しの強い時間帯を避けて
できるだけ朝の涼しい時間か夕方の時間帯を選んだり、
外で遊ぶ際は、直射日光が当たらないように
ベランダや日よけの下でするなどがおすすめ。

Tシャツを着せるだけでも紫外線がカットできるので
プールや海に行くときは水着の上から着せてもいいですね。

 

子供と海へ行くときは帽子や服で紫外線防止

 

海は紫外線が強いので、
子どもは水着の上にTシャツを着せたまま泳がせるのが良いですよ~。

海の近くで聞くと、地元の人は日中には海に入らないそうです。
夕方になって日が沈みかけてから入るそうなので 、
日の高いうちはしっかりとした紫外線対策が必要ですね。

 

先ほど書いたように

  • つばの広い帽子(首の後ろまで覆うくらい!)
  • 水着の上からTシャツなどを着せる

など、身に付けるもので覆うことは絶対にはずせません。

海に浸かるときはかぶれませんが、
外遊び・浜遊びのときには、
こんなふうにうなじを覆う帽子があるほうがいいです。

タオルを巻いてもいいけど
遊んでるうちに取ってしまうかも~~~。

 

あとはこまめな水分の補給も忘れずに!

 

※関連記事

泥汚れは洗濯機でなく洗濯石鹸?子供服の泥汚れの洗濯方法とハイター

GWに潮干狩りに行くなら服装はどうする?子どもは?女性は?

木更津で潮干狩り 潮見表の見方は?無料アプリもおすすめ!

熱中症対策用のスポーツドリンクの味が苦手!何を飲めば予防できる?

紫外線対策にサングラス!レンズは濃い色がいいの?選び方の基準は?

 

子供でも大丈夫な海で使う日焼け止めは? 

 

■ いつから日焼け止めを塗ってもいい?

赤ちゃんに日焼け止め?!
いくつくらいの子から塗り始めていいんだろう?
って思いますよね。

外出を始める頃から 日焼け止めを使っても良いようです。

 

■ 日焼け止めの前に保湿

意外なことですが
ツヤツヤお肌の赤ちゃんでも
生後2ヶ月を過ぎると 肌の水分量が少なくなります。

日焼け止めを塗る前に、まず保湿しておきましょう。

日焼け止め自体も
セラミドなどの保湿成分が配合されたものを使用するなどして、
保湿ケアを同時に行ってバリア機能を補っていくことも
赤ちゃんのデリケートな肌には必要です。

 

■ 日焼け止めの選び方は

子どもの日焼け止めは刺激の少ないものが望ましいです。
バリア機能が大人に比べると不十分なので

  • 紫外線散乱剤を使用したもの
  • 無香料・無着色・アルコールフリー
  • 赤ちゃん用ならうるおい成分(セラミドなど)が配合されたもの

のような肌にやさしい日焼け止めがオススメです。

 

■ SPFとPAの目安は?

日常のシーンなら

  • SPF10以上
  • PA+以上

屋外のレジャーなら

  • SPF20以上
  • PAが++以上

を目安にするといいですね。

■ 日焼け止めの塗り方・落とし方

日焼け止めの塗り方は、保湿剤と同じようにたっぷり塗りましょう。

  • 耳(オモテも裏も)
  • うなじ
  • 袖なしシャツの肩口
  • サンダルを履いたときの足の甲

などは塗り忘れがちです。
ムラなくしっかり塗ってあげてください。

指数の高い日焼け止めをつけていても 汗で流れたり、
タオルや手でゴシゴシして取れてしまうので
できるだけ30分おきに塗り直しましょう。

 

帰宅後は、やさしい洗浄料を使って紫外線防止剤や汚れを落とし、
洗い流したあとは保湿ケアを忘れずにしてあげましょう。

 

■ 日焼け止めを塗るのを嫌がる子には…

日焼け止めを塗るのを嫌がる子もいますし、
親もマメに塗り直すのは正直、大変ですよね。

また、そのときに肌荒れをしていたら
日焼け止めを塗ること自体が心配です。

 

そんなときは思い切って
ラッシュガードを着せるのもいいかもしれません。

私の友達は

「これを着せたら親も子も日焼け止めから解放された~!」

と言っていました(笑)。

 

まとめ 

 

赤ちゃんのうちからしっかり保湿と紫外線対策をしましょう。

海などの紫外線の強いところに行くときは
保湿、日焼け止め、できるだけ衣服で肌を覆うことで
紫外線対策をしてあげましょうね。

水分もしっかり補給して、楽しい夏の日を過ごしてください☆

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す