卒園式の礼服に合うコサージュの色は?黒はOK?位置は左か右か?

「卒園式に礼服(喪服)しか用意できない!」

そんなママも多いはず。

女性のブラックフォーマルって たいてい「=喪服」ですよね。
喪服として買った場合、 布地の色もつや消しになっているので とても地味に感じます。
どうやって着こなせば、お祝いごとに向くでしょうか?

ここではコサージュの活用法と
やってはいけないコサージュの使い方をご紹介します。

スポンサード リンク



 

卒園式 ママの礼服は喪服に見えないようにコサージュを

 

卒園式のママの服装マナーって実はとっても難しいです。

こちらでも書きましたが
(※関連記事:幼稚園の卒園式 ママの服装のマナーは礼服でもいい?コサージュは?

地域によって、園によってまったく違います。

調べてみると

  • 卒園式・卒業式=ママは地味に紺か黒
  • 入園式・入学式=ママは明るめの色で華やかに

が多いのですが、 ときどき「真逆です」というところもあります。

もしあなたのお子さんが通う園が 卒業式=ママは地味に、というところであれば
新しくセレモニースーツを買わずに ブラックフォーマル(礼服)でも構いません。

 

ただ、礼服の場合はどうしても「喪服」との区別が難しいです。

喪服っぽく見えないためには

・バッグは明るめの色にする
・ストッキングは明るめのベージュ(透かし柄OK)
・パールのネックレスをつけるなら一連でなく二連のもの
・インナーブラウスを着る場合は黒でなく白や淡いピンクに
・髪型を少し華やかな感じにする

…とすれば全体の印象がかなり変わります。

※関連記事:卒園式ママの髪型ミディアムの簡単アレンジはハーフアップかまとめ髪

 

さらに、胸元にコサージュを飾れば一気に華やかになります。
一番お顔に近い場所に華やかなものを持ってくることで
お顔映りがパッと明るくなり 「悲しみごと」の装いには見えなくなるのです。

こちらのスーツでコサージュのある・なしを見比べると イメージしやすいですよ~。

 

礼服に合うコサージュの色は?黒はOK?

 

卒園式につけるコサージュの色は 特に決まりがありませんが、
「黒」 だけは避けましょう。

黒のコサージュをつけるなら、 コサージュ自体をつけないほうがマシです。
喪章みたいになってしまうからです。

 

黒に近いグレーも避けるほうが無難です。
ただ、グレーでもほとんどシルバーに近いような
オーガンジーやシルクでできた光沢のあるものなら ギリギリOKかなと思います。

通販でコサージュを買う場合は パソコンで見た色と少し違う場合があるので
やっぱりグレーは避けるほうが安全かなと私は思います。

「じゃあどうすればいいのよっ」ってなりますよね^^;

判断の基準として

「そのコサージュをつけて結婚式に出られるかな?」

と考えてみてはいかがでしょうか。

卒園式とはいえお祝いごとです。
お子さんとママの新しい門出ですものね。

 

「ママは目立っちゃダメ」と思うあまり
逆に地味すぎて暗くなっちゃうと 悪目立ちしてしまいます。

明るめのベージュ、ゴールド、アプリコットなどがおすすめです。

3516618517_f0ebfc4e78photo credit: Prom flower via photopin (license)

 

卒園式のコサージュを付ける位置は?左か右か?

 

いざコサージュをつけるとなると
「どこにつけたらいいんだっけ?左とか右とか決まりがあるの?」
となりますよね。

高さは、胸より上、 だいたい鎖骨あたりにつけるのが一般的で
一番お顔映りがよく綺麗に見えます。

左右については、左側か右側かという決まりは特にありません。
左側の方が、見る方からすると右側になるために
目に付きやすいので左側につける人が多いです。

スポンサード リンク

 

また、迷うのがコサージュの向き。

たいていのコサージュは茎が下向きになるようにデザインされていますが
服の種類やバランスによって逆さにつけてもかまいません。

迷った場合は コサージュが相手側から見て

  • 茎が見えない
  • 花部分が少し上に向いているようにする

を判断基準にするといいでしょう。

たとえば背の高い人は、茎を上向きにしたほうが
相手側からコサージュの茎が見えにくくなる場合もあります。

どちらにせよ、特に決まりがないので
「この付け方がきれいだな☆」 という向き・付け方にすればいいですよ~。

 

※関連記事

卒園式・卒業式、入園式・入学式記事まとめ

 

まとめ

 

男性はひとつのブラックフォーマルスーツを
ネクタイを変えるだけで慶弔使い分けられますが
女性はそうもいかなくて大変!

新しいスーツを買う余裕がなくても
コサージュなどの小物で ガラッと雰囲気を変えられますから
それを楽しんでみませんか。
ある意味、女性の特権ですから…ね☆

気がついたら卒園式が明日だ!なんてことのないように
早めに手配してしまいましょうね~!

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す