ハロウィンのクッキー型を手作り!牛乳パックやクリアファイルで

今年のハロウィンはクッキー作りをしよう!
でも、生地作りはいいとして ハロウィンっぽい抜き型がないなあ…
買うとなると面倒だし コップやストローで、型抜きして簡単な顔でいいかなあ…

なんて、思っている方!
もうひと手間加えれば、身近な材料でステキな抜き型を作れますよ。

スポンサード リンク



ハロウィンのクッキー型は手作りできる!

 

クッキー型に使える身近な材料

 

お菓子作りに欠かせないのが抜き型。
かわいらしい見た目がおいしさをアップさせてくれますよね。

この抜き型は 意外と身近なもので代用できたり、作れたりします。

たとえば

  • 牛乳パック
  • 紙コップ
  • 厚紙
  • クリアファイル
  • ペットボトル
  • あき缶
  • アルミ板 など

です。

小さくて細かいデザインにこだわりたいクッキー作りには
「牛乳パック」「クリアファイル」「アルミ板」がおすすめ。

第2章以降で具体的な方法をご紹介します!

 

クッキー型の図案例はここで!

 

さて、どんな形の抜き型にしましょうか?
自由に型を作れるのが手作りのいいところですね!

ハロウィンらしい図案の例としては…

  • コウモリ
  • ネコ
  • 魔女
  • 帽子
  • ほうき
  • 十字架
  • ガイコツ
  • カボチャ
  • かかし など

がありますよ。

参考

ハロウィン特集 おすすめのクッキー抜き型

図案の参考は

Google画像「ハロウィン イラスト」検索結果

※できるだけ単純な形を選ぶのが作りやすいコツです☆

 

クッキーの型を牛乳パックで作ろう

 

〇用意するもの

  • 牛乳パック
  • 普通の紙
  • メジャー
  • はさみ
  • カッター
  • セロテープ

 

〇手順

  1. 紙にクッキーの型の下書きを描く。
  2. 牛乳パックを4つの長方形に切り分ける。
  3. 下書きの絵に沿って形を整えていく。
    ポイントこまかなデザインの場合は、メジャーで長さを測る。
    ポイント折り曲げにくい場合は、カッターで薄く線を付ける。
  4. あまりの部分をはさみで切る。
    長さが足らない場合は、つなぎ合わせる。
  5. 端と端をセロテープでとめる。
    ホチキスでもOK。

参考動画:「牛乳パックの型」

 

 

クッキー型の作り方 クリアファイルで☆

 

基本的には牛乳パックとほぼ同じです。

〇用意するもの

  • クリアファイル
  • 普通の紙
  • はさみ
  • カッター
  • セロテープ

 

〇手順

  1. 紙にクッキーの型の下書きを描く。
  2. クリアファイルをリボン状に切る。
  3. セロテープを使いながら、下書きの絵に沿って形を整えていく。
    折り曲げにくい場合は、カッターで線を付ける。
  4. あまりの部分をはさみで切り、端と端をつなぎ合わせる。

スポンサード リンク

 

クッキー型を手作り アルミ板なら細かい図案もOK

 

〇用意するもの

  • アルミ板(厚さ0.3mm)
  • 下書き用の紙
  • はさみ
  • カッター
  • 接着剤(金属用)
  • 軍手

 

〇手順

  1. 紙にクッキーの型の下書きを描く。
  2. アルミ板をはさみかカッターで3cm幅のリボン状に切る。
    手を切らないように軍手などをしましょう。
  3. 下書きの絵に沿ってアルミ板を曲げていく。
    カーブをつけたい場合はペンやスプレーなどの円柱状のものを使って曲げていく。
  4. のりしろとして1cmほど残し、アルミ板を切る。
  5. 接着剤でつなぎ目を固定する。

 

アルミ板は20cm×30cmで300円前後、
10cm×30cmだと160円前後で購入できます。

手に入らない場合は、アルミ缶でも代用できますよ。

アルミを使うときは特に、ケガをしないように気をつけてくださいね!

 

参考動画:【作り方】オリジナルクッキー型

 

まとめ

 

一度作ってしまえば、何度も使えるのが抜き型のよいところ。
ぜひ、オリジナルの抜き型で、ハロウィンクッキーを堪能してください!

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す