クリスマスプレゼント彼女が金属アレルギー!対策したピアスなら?

「金属アレルギーって、どんな金属でもダメなのかなぁ?」

そんなふうに彼女へのプレゼントを選ぶときに、悩んでしまう人も少なくないようです。

アクセサリーをプレゼントしようと考えていたのに、彼女が金属アレルギーだと心配ですよね。
金属アレルギー対応のアクセサリーもあるので、チェックしてみましょう。

金属アレルギーの勉強も必要ですね。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼント、彼女が金属アレルギーの場合は?

金属アレルギーのある彼女にプレゼントを贈る場合、どうすればいいでしょうか?

クリスマスだと、やっぱりアクセサリーを 選んであげたくなりますよね。
考えられるいくつかのケースを見ながら、彼女に喜んでもらえる方法を探ってみましょう。

[su_service title=”どんな金属がダメなのかを聞く” icon=”icon: check-square” icon_color=”#f04472″ size=”20″]

たとえば 「金属アレルギーって聞いたけど、ピアスは大丈夫なんだ?」 と切り出してみる。
それで、どんな金属がダメなのかを聞くことができるなら、一番話が早いですよね。

[su_service title=”いっしょに買いに行く” icon=”icon: check-square” icon_color=”#f04472″ size=”20″]

大丈夫な金属のアクセサリーを 彼女に選んでもらえるなら安心ですよね。
サプライズにこだわらずに、いっしょに買いに行く約束をしてみましょう。

[su_service title=”今回は他のものをプレゼントにする” icon=”icon: check-square” icon_color=”#f04472″ size=”20″]

どうしても、サプライズにこだわりたいなら、
今回は金属のアクセサリーではないものをプレゼントする。
それから、少しずつ彼女の金属アレルギーを理解して、
別のイベント時にアクセサリーをプレゼントするというのも一つの方法です。

金属アレルギーとは

今後のこともあるので、彼女のためにも、金属アレルギーについて理解しておいたほうがいいですね。

アクセサリーもいろいろありますが、 金属アレルギーが起こりやすいのはピアスなんです。
ピアスホールを開けるので、皮膚を貫通して、皮下組織に金属部分が触れてしまうからです。

[su_service title=”金属アレルギーって、どのようにしてなるのでしょうか?” icon=”icon: check-square” icon_color=”#006400″ size=”20″]

金属から溶け出した金属イオンがタンパク質と結びついて、
アレルゲンとなるタンパク質に変わることで、
金属に接している皮膚にアレルギー反応が起きます。

順番で確認すると、次のようになります。

  1. 金属製のアクセサリーなどをつける
  2. 汗などで微量の金属が溶け出す
  3. 溶けた金属が金属イオンになって体内に入る
  4. 体内のタンパク質と結合してアレルゲンになる
  5. 体内でアレルゲンの抗体が作られる
  6. 金属アレルギーが起きる
金属アレルギー

[su_service title=”金属アレルギーを起こしやすい金属は何?” icon=”icon: check-square” icon_color=”#006400″ size=”20″]

ニッケル、コバルト、クロム、銅、亜鉛、真鍮(シンチュウ)、水銀、バラジウム、錫(スズ)などです。

[su_service title=”金属アレルギーを起こしにくい金属は何?” icon=”icon: check-square” icon_color=”#006400″ size=”20″]

金、銀、白金、プラチナ、チタン、タンタル、ジルコニウム、ステンレスなどです。

[su_service title=”ここに注意!” icon=”icon: check-square” icon_color=”#006400″ size=”20″]

  • メッキされた製品に注意!
    外側はOKな金属でも、中身はアレルギーを起こす金属の場合、メッキが剥がれてくるとアウトです。 
  • ダメな金属は人によって違う!
    「これなら大丈夫なんだよね」と、プレゼントする側が自分だけで判断しない方がいいですよ。
    ダメな金属は人によって違うので、彼女に必ず確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

金属アレルギー対策、ピアスの場合は?

金属の種類を選ぶ方法以外にも、金属アレルギーの対策があります。
プレゼントする側としても金属アレルギーの対策を知っておいてくださいね。

[su_service title=”ピアスコート” icon=”icon: check-square” icon_color=”#f04472″ size=”20″]

ピアスなどに、マニキュアのようなコーティングを塗ってアレルギーを予防するものです。

[su_service title=”金属アレルギー ピアスカバー” icon=”icon: check-square” icon_color=”#f04472″ size=”20″]

カバーを付けて金属が直接触れないようにします。

[su_service title=”非金属の素材のピアス” icon=”icon: check-square” icon_color=”#f04472″ size=”20″]

ピアスで考えた場合でも、例えば、樹脂のピアス、バイオプラストのピアス、
アクリル製のピアス、ゴリラガラスのピアス、象牙のピアス、木製のピアスなどがあります。

気をつけなければいけないのは、樹脂やアクリルなどは、
耳に傷がつきやすいので雑菌の繁殖などが起こりやすいということです。
樹脂ピアスでも冬場はダメという女性もいますので、彼女に確認することをおすすめします。

ところで、樹脂とバイオプラストって、どんなものか想像がつくでしょうか?

  • 樹脂は?
    樹皮より分泌される物質というのが本来の意味ですが、
    今は合成しているものも樹脂と表記されていて、石油などから作られています。 
  • バイオプラストは?
    ボディピアスによく使われています。穀物のでんぷんが原料となっています。

[su_service title=”金属アレルギーに対応しているアクセサリーショップ” icon=”icon: check-square” icon_color=”#f04472″ size=”20″]

金属アレルギーに対応しているアクセサリーショップもあります。
ここでは、ネットショップを紹介しておきます。

チタンピアスの通販SHOP|なでしこスタイル

金属アレルギーでも安心ステンレスジュエリー専門店ステンシーナナ 

>>>金属アレルギーでも安心ステンレスジュエリー専門店ステンシーナナを見てみる

金属アレルギーピアス ネックレス通販専門店 M.A.S.Jewelry

>>>金属アレルギーピアス ネックレス通販専門店 M.A.S.Jewelryを見てみる 

まとめ

どんな金属がダメなのか、本人も把握していないことが多いようです。
そんな場合は、病院でパッチテストをしてもらうこともできます。

彼女の気持ちに寄り添って、アクセサリーを楽しめるように協力してあげてください。