海外のハロウィン 赤ちゃんの衣装は?ロンパースだけでも変身!

昨年あたりから浸透してきたハロウィン。
秋が深まるころに楽しいイベントができましたよね。

子どもたちが通う英会話教室やサークルで
ハロウィンパーティーが開かれることも増えてきました。

下の赤ちゃんも連れていくので何かかわいい仮装をさせたいけれど
小さすぎるのでどうしたらいいかわからない、なんてことも。

海外の例を見ながら衣装のバリエーションを見てみましょう。

スポンサーリンク

海外のハロウィン 赤ちゃんの衣装は?

 

海外では生まれたて?!と思うくらいの赤ちゃんにも仮装させて楽しみます。

 

おばけの衣装。



 

一日で作れるおばけロンパース。



 

こちらは白いTシャツに顔をつけて、白いチュールスカートをはいただけのお化けさん。
女の子にはこんなのがかわいいですよね。



 

チュールスカートの作り方はこちらをどうぞ☆

ハロウィン衣装女の子のチュチュドレス、本当の作り方はこれ!

ハロウィン仮装子どもに手作りカンタン白雪姫!髪型もバッチリ☆

 

ペンギンの衣装。



 

お兄ちゃん、おねえちゃんはメリーポピンズの仮装をしていますね^^
Mary Poppins, Bert, and Penguin Costumes

[su_youtube url=”https://youtu.be/lu0FXPhQlfw “]https://youtu.be/VAIvbqMtQZI [/su_youtube]

 

キリンの衣装。
じゅうぶん首がすわって、お座りもしっかりできる月齢なら。



 

帽子と本体で亀になっちゃった☆



 

こちらは甲羅だけ作った亀さんですね。



 

小さなアヒルさん。



 



 

セサミストリートのビッグバード。



 

ふわふわのニワトリさんの衣装。





凝ってますね!ピーターパンです。



 

もう少し大きな子になるとこんな衣装を着せられますね。

 

バケツに入ってもらえばエビ?ロブスター?



 

スキューバコスプレはファミリーでやるところも多いようです。





 

スキューバ仮装の大きい子バージョン。



 

帽子だけ用意して、白いシャツに黒いポンポンをつければスノーマン!



 

これは海賊さんでしょうか。頭にバンダナを巻いて、腕にボディタトゥーをほどこせば変身!



 

こちらはヒゲつきの木こりさん。



 

しましまのボーダー服を着せたら・・・あれれ、囚人さんになっちゃった。
ベージュの肌着にタトゥーをペイントしていますね。



 

エビの仮装かな?



 

ミツバチの仮装ですね。



 

ハンバーガーとフライドポテト?!



 

これは手作りするのもカンタンです。フライドポテトとケチャップ。



 

ベーコンエッグにも変身。



 

人参と豆の仮装。



 

スタバのフラペチーノまで!



 

こんなライオンならかわいいですね。



 

 

ハロウィンの赤ちゃん ロンパースタイプの着ぐるみは?

 

ロンパースならぬ、編んだ着ぐるみタイプなら、とっても小さい子でも大丈夫ですね。

 

虫の着ぐるみ。



 

色の違う虫の着ぐるみ。



 

人参の着ぐるみ。



 

ちょうちょの着ぐるみ。配色がきれいですね!



 

ロバの着ぐるみ。



 

スノーマンにもなれちゃう!



 

トナカイの着ぐるみ。



 

仮装自体は簡単だけど演出が素敵ですね。マーメイド。



 

なんと、スパムおにぎりです!
白い着ぐるみと、小さい赤っぽいクッションを黒い布で巻いたら出来ちゃう(笑)。



 

黒い着ぐるみとカチューシャだけでちょうちょの寝相アートに!



 

サメが人気なのでしょうか。何種類かありますね。







 

フットボールも人気です。





 

ホットドッグにも!



 

これはカンタン! 白い布で巻いて、緑や赤の布を混ぜればラップサンドになっちゃう。



 

こちらは大掛かり。カートから改装してミリタリー調に。



 

 

スポンサーリンク

ハロウィンの赤ちゃん ママと一緒に仮装

 

あっという間に大きくなってしまうので この、とっても小さい時期ならではの
ママと一体化した仮装もやってみては?!

 

セサミストリートでおなじみ、ゴミ箱に入ったオスカー。
ママがゴミ箱を背負ってあげればOK☆



 

ママが蜘蛛の巣に!



 

ママと一心同体でポップコーンになろう!



 

>>>ハロウィンの記事まとめページを見てみる

 

まとめ

 

さすが!という発想の赤ちゃんの衣装。
アイデア次第で簡単に作れるものも多いので、真似して作ってみられてはいかがでしょう。

思い出になる写真がたくさん撮れそうですね!