ハロウィンのクッキーをあの抜き型で!アイシングのコツと色は

手作りのクッキーを持ち寄ってハロウィンパーティー!
楽しそうですね。

「でもハロウィン風のクッキーってなかなか難しそう。
抜き型が売り切れちゃったし、どうすればいいのかな?」
と悩んでいる人も多いと思います。

今回はこの季節なら手に入りやすい穴場的な抜き型と
カラフルなアイシングでデコる、ハロウィンのクッキーを作り方をお伝えします。

スポンサーリンク

ハロウィンのクッキーをあの抜き型で!

コウモリやカボチャ、魔女にガイコツ。

ハロウィンなら、そんな感じの形がいいのかな?

でもでも、そんな抜き型ないよね?

という人に、この抜き型をご紹介しましょう☆

それは・・・ジンジャーマン

え? それってクリスマスじゃん!

・・・確かにそうですね。

ジンジャーマンクッキーは人形型のクッキー。この人形は、ヘンリー8世をかたどったものと言われています。

ヘンリー8世は当時、大流行しつつあったペスト(病気)の予防に生姜(ジンジャー)がよいと聞いて、国民にショウガ入りのパンを広めました。これが始まり。(諸説あり)

クリスマスにジンジャークッキーを食べる習慣はここからなのかな?

では、このジンジャーマンの抜き型をハロウィンでどう使いましょう?

想像できますか?

ジンジャーマンは人形型でしたね。

なので、アイシングを工夫することで、ミイラガイコツが作れてしまうのです!

★参考:他にもいろいろ♪ジンジャーマンクッキーの型

では、具体的な作り方を見てみましょう。

ハロウィンにぴったり☆アイシングクッキーの作り方

ジンジャーマンの型で型抜きしてクッキーを焼いたら、その上にアイシングを載せてみましょう。

アイシングとは?

まずはアイシングについて、基本をおさらい。

クッキー作りに慣れている人はご存じ、アイシングとは、砂糖や卵白をクリーム状にしてアイシングカラーで着色したもの。

焼いたクッキーの表面にアイシングでデコレーションすると、カラフル&華やかになります。

基本のアイシングを解説

★用意するもの

  • コルネ(絞り袋)
  • ボウル
  • 卵白
  • 粉糖(パウダーシュガー)
  • アイシングカラー

★作り方

  1. 卵白をボウルに入れて溶きほぐす。
  2. 粉糖を加え、つやが出るまで混ぜる。
    *アイシングを硬くするには粉糖を、軟らかくするには水を加える。
  3. つまようじの先につけたアイシングカラーで色をつける。
  4. アイシングをコルネに入れて、クッキーにデコレーションする。

下記の動画も参考にしてください。

【動画】アイシングクッキーの作り方(卵白使用)

ジンジャーマンクッキーをアイシングでハロウィン風にアレンジ!

クリスマス用のジンジャーマン型を使ってどんなふうにアイシングをしたらハロウィンっぽいクッキーになるでしょう?

アイデアをいくつかご紹介しますね!

★包帯だらけのミイラクッキー

ミイラクッキー01
Photo By : Betty Crocker

クッキー生地にココアやブラックココアパウダー(後で説明します)を混ぜ、黒っぽいクッキーにしておくのがコツです。

コルネの絞り口を小さくカットし、白いアイシングをできるだけ細く包帯のように載せれば、ミイラクッキーの出来上がり。

★ミイラクッキー パート2

ベースに白のアイシングを塗り、黒のアイシング(チョコペンでもOK!)で輪郭をしっかりふちどります。包帯部分は直線でデザイン。

目を描くとかわいいですね。

表面全体を白くアイシングして、黒のアイシングで包帯部分をデザインします。

★スクランプ風(リロ&スティッチより)

ガイコツクッキー04
Photo By : Cool Mom Picks

ステッチのアイシングとボタンなようなデザインの目がポイント。

ディズニー映画『リロ&スティッチ』のスクランプを思い出します。

★目と牙(きば)を描き、ボタンをつけて

ミイラクッキー04
Photo By :  ‘P’ is for Party

顔とボタンを描き、口元には白い牙(きば)を。

★生き物ならなんでもイケる! スケルトン(ガイコツ)

ガイコツクッキー02
Photo By : Right@Home

白のアイシングをしただけで、ジンジャーマンがスケルトン(ガイコツ)に変身!

細く絞り出して描くだけなので、初心者さんでもカンタン。

目の部分には、赤いグミやゼリーを小さく切って載せても GOOD ですね!

こんなふうにアイシングを上手に使えば、ジンジャーマンの抜き型でハロウィン風のミイラやスケルトンのクッキーを作ることができます。

では最後に、便利で簡単なアイシングの方法を見ておきましょう。初心者さんでもラク~にできちゃうアイシングの作り方です。

スポンサーリンク

アイシングの作り方と色は?

アイシングってカンタンでかわいく演出できるので、とっても重宝します。

ただ、ふだんお菓子を作っている人でないと、硬さの調節やツヤの出し方が難しく、思ったような仕上がりになりません。卵白の量の調整もデリケートです。

全面に塗るアイシングはゆるめに、絵を描くときのアイシングは硬めに作るとうまくいくのですが、アイシングに慣れていない人には、この硬さ調節が 難しいんですよね。

そこで・・・

アイシングシュガーパウダーを使えばラクラク♪

超絶おすすめなのがアイシングパウダー卵白を使わず水を混ぜるだけでアイシングが作れるのです。

簡単に硬さが調節できるので、クッキーのデコレーションにとても便利。初心者さんでも、ツヤのある、なめらかな表面になります。

色の作り方~黒はどうする?

まずは基本的な色の作り方をご紹介しますね。ほとんどの色は赤・青・黄の3色があれば作れます。

混ぜ方の動画を貼っておきますので、参考にしてください。

※1分45秒あたりから色を混ぜ始めます。

なお、アイシングカラーは、ほんの少し入れるだけで発色します。▼この動画で量を確認してくださいね。

【動画】2012ハンズのバレンタイン アイシングのつくりかた

ハロウィンのお菓子で特徴的なのは、この記事でご紹介したハロウィンクッキーのように、黒のアイシングを使うことです。

普段のクッキー作りではあまり使わない色ですね。どうやって作りましょう?

方法は3つあります。

【1】黒のアイシングを買う

最も手っ取り早いのは、市販の「黒のアイシングカラー」を買うことですね。

へぇ~黒いのもあるんだ!

¥486 (2020/09/25 14:57:21時点 楽天市場調べ-詳細)

でも手持ちの材料だけで何とかしたい場合は・・・

【2】赤と緑を混ぜる

赤と緑を混ぜるという方法もあります。

絵の具をまぜて色を作るのと同じ要領ですね。

【3】ブラックココアパウダーを使う

ブラックココアパウダーを使う方法もあります。

黒く焼き上げたいクッキーの生地にも使えますね。

多めに用意したい場合は大容量のものを。

まとめ

普段とは違う雰囲気を楽しめるのがハロウィン。

クッキーも、いつもとは違うデコレーションでみんなを驚かせてみませんか。