短時間の仮眠で頭がスッキリ 効果的な時間と最適な方法とは

「あーあ、お昼食べると眠い…」

午後からの仕事ってホントにつらいですよね。
仮眠してみても、寝起きが逆にだるくてしんどい。

でも頭がスッキリする仮眠の時間ってあるらしい。
午後の仕事のパフォーマンスを上げる短時間の仮眠とは?!

スポンサード リンク



短時間の仮眠で頭をスッキリさせる方法とは? 

 

短時間の仮眠でスッキリ目覚めるには二つのポイントがあります。

それはカフェインをとること仮眠の姿勢です。

 

まずコーヒーを飲みましょう。

コーヒーが苦手な人は カフェイン含有率の高い
緑茶やココアでもかまいません。

飲料 摂取量 カフェイン量
ドリップコーヒー 150cc 100mg
インスタントコーヒー 150cc 65mg
玉露 150cc 180mg
ココア 150cc 50mg
カフェイン含有栄養ドリンク 100cc 50mg

 

カフェインをとってから仮眠をして
目覚めたらふだんより明るい太陽光や照明を浴びるのがポイント。

カフェインと光のダブル効果で
体がシャキッと覚醒しやすくなります。

 

仮眠のときの「姿勢」も大事。

横になって仮眠をとるのはNGです。
脳がリラックスしすぎて、 かえってパフォーマンスが落ちてしまいます。

座ったままで椅子の背もたれに深くもたれるか、
机の上につっぷすようにしましょう。

 

仮眠の時間 最適なのは何分?

 

さて、コーヒーを飲んで
座ったまま仮眠をとって強い光を浴びる、 じゃあ何分寝ればいい?

答えは「1分」です。

 

えー?!1分って寝たうちに入るの? って思いますよね。

1分仮眠が最適なのは
「なんとなく眠くなりそう」 の眠気の段階の人だけ。

この段階なら椅子に深く座って目を閉じて
1分間コトンと眠るだけでスッキリ回復できます。

 

これよりもう一段階眠気が進んでしまって
「うー、頭が回らん!」 くらいの自覚症状がある段階の人は

 15分~20分

がおすすめ。

目が覚める頃にカフェインの効果が出て スッキリ覚醒しやすくなるんです。

 

スポンサード リンク

 

仮眠の効果的なとり方は

 

仮眠の効果的なとり方は

  • 1分 または 15~20分以内
  • 17時までに仮眠をとること

です。

そもそも私たちの体は食べた後に眠くなるようにできています。
食後は胃が消化し始め、 そこにエネルギーが優先されるんですよね。
それで体感としては眠くなります。

このときに1分か15~20分の仮眠をとれば
頭がスッキリしますが
仮眠が長くなりすぎると 体が完全に寝てしまい、
眠気を覚ますのが大変になってしまいます。

 

また、夕方以降の仮眠は覚醒リズムが狂ってしまい
夜の睡眠がとりにくくなったりして悪循環を起こします。
もし夕方まで仮眠がとれなかったら
その日の夜に思い切って早寝することをおすすめします。

 

まとめ

 

せっかく持っているあなたの能力、
午後からのパフォーマンスも最大限に発揮させるために
超短時間の仮眠を上手にとってスッキリさせませんか。

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す