ノロウイルスの治療で下痢止めの服薬はOK?お腹にいい食べ物は何?

先日、季節外れのノロウイルスに感染しました。

病院勤めをしているので、ある程度基礎的な知識はあったものの、
実際に感染して初めて体感したことがありました。

症状の流れと、そのときどきに応じた水分や栄養の摂り方について
体験したことをまとめてみたいと思います。

なお、文中でも注釈しますが、基礎疾患のある方などは
必ずかかりつけ医(または救急担当医)に対処方法をお尋ねください。

 

スポンサード リンク



 

下痢の治し方は?胃薬や下痢止めなどの薬を使ってもいい?

 

ノロウイルスの下痢や嘔吐って本当に激しいですよね。

見慣れているはずの私でも

  「おぉ~~~」

と思うほどの量と頻度(回数)でした。

ma-lion01 

 

体力を消耗するので下痢や吐き気止めを使いたくなる気持ちはわかります。

でも、下痢止めや胃薬、吐き気止めなどの薬を自己判断で使ってはいけません

なぜかというと、下痢や嘔吐はウイルスを体から出そうとする働きだからです。
ウイルスの排出がある程度済めば自然に治まります。

 

つまり、下痢止めや吐き気止めを下手に使うと
かえって症状を長引かせることもあるのです。

 

逆説的ながら、症状が治まりかけた頃には医師の判断で使うことがありますが、
素人判断で服薬するのは絶対にやめておきましょう。

 

症状の治し方と気をつけることは?

 

主に気をつけることは2つ。

  •  脱水症状
  •  嘔吐による窒息

順番に書いていきますね。

 

まずは脱水症状から。

 

ノロウイルスに対する直接の治療薬はありません

ウイルスが体から出れば、症状が治まりほぼ自然治癒していくので
まずは脱水症状を防ぐことが大事です。

 

特に小さなこどもや高齢者は脱水に弱いので、
嘔吐や下痢がはじまったら、早めに対応を始めることが大切です。

 

嘔吐と下痢で
相当な量の水分が体から出るので補う必要があるのですが、

このときに注意することは
水分だけでなく電解質(カリウム・ナトリウム・塩素など)が体から出てしまうということ。

 

水分や電解質が多量に失われると、

  • 脱力感
  • 倦怠感
  • 手足のしびれ

などの電解質異常

 

  • 口の渇き
  • 皮膚の乾燥
  • 尿量の減少
  • 体重の減少

などの脱水症状

が現れます。

 

重症になると衰弱し、意識障害を起こすこともあります。

小さい子やお年寄りは症状を感じにくかったり訴えにくいので
そういった兆候がないかどうか注意深く観察すること。

なんだかぐったりしている、生返事しかしない、生あくびをしている、など。

スポンサード リンク

 

次に嘔吐による窒息の予防について。

健康な大人は吐き気を感じると自然に目が覚めますが
小さい子やお年寄りは朦朧として起きられないこともあります。

ふと目を離した隙に吐いていた、ということもあるので
万一吐いても気道を塞がないように横向けに寝かせておくことも大事です。

 

嘔吐後は電解質を加えた水分を補給しなければなりません。

ただし、吐き気が強く、なかなか受けつけないときは
しばらく何も飲まず、胃を空にする方がよいでしょう。

 

上記のリスク管理ができたら、
次は自然治癒を後押しするための対処方法です。

口から水分がとれるなら、

  •  OS-1(経口補水液)
  •  スポーツドリンク

を少しずつ飲むといいです。

水

これが思った以上に「少しずつ」で、

スプーン1さじずつ → ゴクンと一口ずつ → 三口ずつ…

普段考えているよりも、ずっと小分けにするのがコツ。

 

いっぺんにお腹に入れるとぽちゃぽちゃして、
いつまでも吸収しない感じなんですね。

それがまた負担になったり、吐き気につながることもあるので
少量をこまめに、と考えてください。

 

OS-1(経口補水液)やスポーツドリンクがない場合は
水と塩と砂糖で作ることができます。

 

スポーツドリンクの代わりになる、吸収のよい水の作り方

 

 経口補水液の作り方

※http://www.forth.go.jp/topics/2011/11081619.html より

 

 

なお、
腎臓に持病がある、糖尿病がある、血圧が高い、免疫疾患を持っている方などは
むやみに経口補水液を飲むとトラブルを起こすことがあるので
かかりつけ医などに相談してから飲むようにしましょう。

 

※関連記事:

熱中症対策用のスポーツドリンクの味が苦手!何を飲めば予防できる?

脱水を起こしていないかのチェック項目なら
→ 高齢者の熱中症予防、脱水を防止してわずかなサインをチェックしよう

 

緊急受診の目安は

 

  • 口から少しずつ水分を入れても吐いてしまう
  • 水分がとれているが脱力している
  • おしっこが減っている
  • 皮膚や舌が乾いている
  • 意識が朦朧としている

などの強い脱水を疑う兆候があれば
点滴で補液する必要があるので、夜間でも受診をしてください

 

ただし、事前にノロウイルスの疑いがあることを受診先に連絡して指示を仰ぐこと
院内感染を防ぐために必要なことです。

 

脱水さえ防ぐことができれば
徐々に症状は治まり、食事をとれるようになるので
最初の水分補給を行えば、それほど怖い病気ではありません。

 

食事はいつから?お腹にやさしい食べものは?

 

発症から2~3日たつと食欲が出てきます。
でもビックリするくらい少しずつしか食べられません。

 

液体 → 半固体 → 消化の良い固体

 

と「急がば回れ」式に段階を踏むことが大事です。

絶対に無理をしないこと
食事の度に嘔吐するようなら1~2食控えてみましょう。

 

私が流動物を口に入れられたのは
最初の嘔吐から丸二日後でした。

プリンを半分がやっとこさ(笑)。
スポーツドリンクを除くと、これがその日の食事一日分です。

 

そして、食後は最低でも30分、
「お腹がこなれたな」と思うまで安静にしましょう。

少量しか食べなくても驚くほど消化しなくて、
どーんと胃もたれするので
横になって過ごすほうが良いですよ。

最初は食べるだけで疲れます。

 

食事は

  • 刺激の少ないもの
  • 消化のよいもの
  • 電解質を多く含むもの
  • あっさりとした冷たいもの(口の中で温めてから飲み込むと良い)
  • 食べやすい流動的なもの

が良かったです。

 

わが家で食べてみて食べやすかったものは…

  • ウィダーインゼリー
  • レトルトおかゆ(塩味がついているほうが食べやすい)
  • フリーズドライおかゆ・にゅうめん
  • ゼリー(あっさりしていてツルンと入りやすい)
  • プリン(濃厚なので一気には食べられないかも)
  • バナナ(カリウムが豊富、甘くて食べやすい)
  • 菓子パン(小さいものを少しずつ)

 

※柑橘系は吐き気を催すもとになる場合があるのでおすすめできません。

 

徐々に回復してくると、おかずっぽいものも食べられます。
が、やはり濃い味のもの、消化の悪いものはとても食べられません。

 

普段はこんにゃくが大好物なのですが

「あんなものを消化できるなんて信じられない… :cry:

と思うほどコンディションが変わります。

 

だから、
おかずデビューはあっさりした、お腹にやさしいものから。

 

量は少なくても構いません。
小分けにして食べると負担にならずに消化していけますよ。

  • ささみ、白身魚、卵など味の薄いたんぱく質
  • さつまいも、かぼちゃの柔らかく炊いたもの

などが食べやすく感じました。
離乳食に近いかもしれませんね。

 

まとめ

 

わが家はたまたまスポーツドリンクをケース買いしていたので
ずいぶん助かりました。

ウィダーインゼリーも日持ちするので
レトルトおかゆやうどんなどと一緒に
ある程度買い置きしておいても良いかもしれません。

 

また、普段は食べないような菓子パンがむしょうに食べたくなったので
災害用の缶入り菓子パンを食べればよかったなと思いました。
(家にあるのを忘れていました)

 

スポーツドリンクは大量に消費したので
足りなくなった分はネットスーパーから配達してもらいました。

 

ノロウイルスは感染力が強く、家族内感染を防ぐのが難しいです。

そして前兆が起こるのが
最初の嘔吐のおよそ30~40分前、と急な発症です。

「誰も買い物に出られなくても3~5日乗りきれるように」

と日頃から備えておくのが、
ダメージを少なく済ませるコツだと実感しました。

 

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す