着物のTPOに合う卒園式にオススメの着物は?帯にも種類と格がある!

この春卒園されるお子様をお持ちのお母様方、
卒園式に着ていくものはもうお決めになりましたか?

少し前まではフォーマルスーツを選択される方が圧倒的に多かったようですが、
最近は若いお母様方の間でも和服が見直されてきていて、
卒園式で着物をお召しの方も少しずつ増えてきているようです。

普段から着物になじんでいない方には分かりにくいかもしれませんが、
着物には様々な決まり事があり、
そこから外れると“マナーを知らない”と恥をかいてしまいます。

 

今回は卒園式に着物を着たいと思われている着物初心者の方へ、
卒園式という場にふさわしい着物についてご紹介いたします。

スポンサード リンク



着物のTPOにはずれない!卒園式にオススメの着物は

 

着物は素材や柄のつき方、家紋の数などによってTPOが変わります。

卒園式におススメの着物の種類は訪問着や付下げ、紋が一つ入った色無地です。

訪問着

付下げ

色無地

 

色はベージュ系やパステル系のものを選ぶと
卒園式にふさわしい落ち着いた華やかな雰囲気を出せるのではないでしょうか。

訪問着や付下げでしたら柄は春らしいモチーフのものがいいですね。

着物の柄は季節を先取りするものです。
入学式に桜柄の着物は少し“季節外れ”になってしまいますので、
もしも桜の柄が入った訪問着や付下げをお持ちの方は
せっかくの機会ですから卒園式に着用しましょう。

 

着物の種類と格

 

先程述べたように、着物には素材や柄の付き方の違いによって様々な種類があり、
その種類と着物に入れる家紋の数によって

  • 礼装着(第一礼装)
  • 略礼装着(準礼装着)
  • 外出着(おしゃれ着)
  • 街着(普段着)

などといった“格”が決められています。
着ていく場所やその時の立場によって、着るべき着物の種類が決まっているのです。

 

既婚女性にとって一番格が高い着物は黒留袖
家紋が五つ入っている黒無地の着物で、裾にのみ柄が入っています。
結婚式や披露宴で新郎新婦のお母様やお仲人の女性が着ている着物…と言えば
お分かりになるでしょうか。

卒園式のような場にふさわしい格式の着物は略礼装着(準礼装着)になり、
訪問着や付下げ、一つ紋の色無地がそれに当てはまります。

訪問着とは全体的に一つのモチーフが描かれているもの、
または肩、袖、裾に連続性がある模様が入ってるものです。

付下げは訪問着と似ていますが、仕立ての時の柄つけのタイミングが訪問着とは異なります。
訪問着は着物の形に仮縫いしてから柄をつけますが、
付下げは反物の状態で柄つけをして仕立てるのです。

この柄つけのタイミングにより、付下げの柄のデザインには制限があり、
仕立てによっては柄の位置がずれることなどもあって、
付下げは訪問着よりも安価で、格下のものとされていました。

しかし今は反物の状態でも、コンピューターで出来上がりを細かく計算して
柄を配置できますので、訪問着と付下げの差はあまりなくなっているようです。

 

色無地は文字通り一色だけの着物で、入れる家紋の数で格式が異なります
五つ紋の色無地は礼装着と同じ扱いになりますので、正装すぎますね。

卒園式は略礼装着(準礼装着)のレベルで十分なので、
卒園式などに着ていく場合は一つ紋のものにしましょう。

 

着物初心者の方にはこの格式は分かりにくいでしょうが、
年長の方や着物を日頃から着なれている方にとって
この格式は伝統的な決まり事であり、
着物界では大切なマナーです。

これから卒園式やその他お祝い事の席などに着物を着ていこうと思われる方は
この格式をしっかり守ってその場にふさわしい着物を選んで下さいね。

スポンサード リンク

 

帯の種類と格

 

着物と同じように帯にも種類や格式があります。

卒園式を含めフォーマルな場にふさわしいのは袋帯名古屋帯でしょう。

この袋帯と名古屋帯の大きな違いは長さで、

  • 袋帯は4m以上
  • 名古屋帯は3m50㎝前後

と、袋帯が名古屋帯よりも60~70㎝前後長いです。

また名古屋帯はお太鼓結びにする部分以外は、幅が袋帯の半分という違いもあります。

ちなみにお太鼓結びとはこのような帯の結び方で、
既婚の女性がフォーマルな席に出る時は
このお太鼓結びにするのが一般的です。

お太鼓

画像:お太鼓

 

袋帯の場合は、お太鼓の部分が二重になっている二重太鼓結びに、
名古屋帯の場合は一重太鼓結びにします。

二重太鼓結びは「福が重なる」という意味にも通じ、
フォーマルなお祝いの席では袋帯での二重太鼓結びがふさわしいとされ、
袋帯はフォーマルな装い、名古屋帯はセミフォーマルな装いと言われるようです。

しかし金糸などを使った織りの名古屋帯などは格式が高いものとして扱われますし、
逆に素材によってはフォーマルな場所に合わない袋帯もあります。
着物とのバランスもありますので、どのような帯がふさわしいかは
着物を購入した呉服店の方などにアドバイスをいただいて決めましょう。

※関連記事:卒園式・卒業式、入園式・入学式記事まとめ

 

まとめ

 

日頃着物を着慣れていない方は卒園式に着物を…と思っても
“着物や帯には格式がある”と聞くと難しく感じてしまうかもしれませんね。

でも着物や帯は格式がはっきり決められているからこそ、
その決まり事さえ知っていればその場にふさわしい装いができます。

着物の格式は洋服よりもはっきりしていて分かりやすいですが、
迷った時は着物に詳しいお身内の方や呉服店の方などに相談しましょう。
TPOにあった着物で、お子さんたちの晴れの日をお祝いして下さいね。

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す