ランドセルはA4ファイル対応必要?重さは教科書と素材の違いも考えて

3 min

プレッシャーがすごいんです! ママ友から、義理の両親から・・・。
夫は頼りにならないし、どう選んだらいいのかしら? 娘のランドセル!

まだ年長さんなのに、周囲から早くもランドセル購入の圧力がすごくって。
「コードバンじゃないと・・・」「クラリーノが・・・」 なんて言われても、イマイチ、ピンとこない。

それに娘は同い年の中でも小柄だから、あまり重くてもかわいそう。

誰かランドセル選びのヒントをください!

スポンサーリンク

ランドセルはA4ファイル対応が必要か? 

ランドセル選ぶ際のポイントを一緒に見ていきましょう。

まずは大きさ。

学校で配られたものがきちんとランドセルに入らないと 子どもの手荷物が増えてしまいます。
ポイントは 「A4フラットファイルに対応しているかどうか」です。

昔と違って、教科書がA4サイズになり、副教材やプリントも多くがA4サイズです。
そうすると A4のプリントより一回り大きいフラットファイルが入らないと あまり意味がありません。
つまり「A4プリントに対応している」ではなく 「A4フラットファイルに対応している」ことが大切です。

プリントをそのままランドセルに入れたり、もしくは折って入れたりしていると、ランドセルの中が散らかってすごいことになってしまいます。ファイルやホルダーがあればプリントの枚数が増えても大丈夫。

A4フラットファイルに対応したランドセルであれば、そのファイルごとすっぽりランドセルに入るので ランドセルの中の整理整頓もバッチリです。

子どもたちが持ち歩くものは、結構あります。
教科書やファイルなどはランドセルにしっかり入った方が、手荷物を減らしてあげることができます。

スポンサーリンク

ランドセルの重さ、教科書も計算に入れて!

次に重さを考えましょう。

ランドセルを開けてみると・・・実にいろいろなものが入っています。

教科書、漢字ドリル、計算ドリル、ノートはもちろん、筆箱、連絡帳、配布プリントなどなど。
(ときにはお母さんに渡せなかったテストも・・・?!)

まだ小さな体には、かなりの重さです。

ランドセルだけではありません。

体操服や書道セット、ピアニカにリコーダー、絵の具など 、授業によってはサブバックも持ち歩くことになります。

両手いっぱいに荷物を抱えて歩くことを考えると、ランドセルはなるべく軽いほうがいいですよね。

また、フィット感も大切です。

ランドセルと背中の間になるべく隙間がないものを選びましょう。
そうすると背中全体でランドセルをかつぐことができるので、同じ重さでもずいぶん楽になります。

たくさんの教科書を入れるランドセル、なるべく軽量のものを選んだ方が良いですね。

スポンサーリンク

ランドセルの重さは素材の違いも大

3つめに考えるのは、ランドセルの素材。

ランドセルの素材には 「コードバン」「牛革」「クラリーノ」があります。
コードバンと牛革は天然皮革で、クラリーノは人工皮革。

素材の違いは重さの違いに現れています。

同サイズのランドセルでも

  • クラリーノ : 900~1100g
  • 牛革    : 950~1300g
  • コードバン : 990~1400g

と、重さにだいぶ違いがあります。

クラリーノの軽いものが900グラム、コードバンの重いもの1400グラムと比べると、
なんと500グラムも違ってきますね。

コードバン(馬のお尻の革)は、高品質の素材です。
1頭の馬から、ランドセルのかぶせ2枚分しか取れず、「革の宝石」とも。品質がよく長持ちし、使えば使うほど、味わいが増してくるでしょう。
ただ重いのが難点なのと値段がやはり高価です。

牛革も高級感のある素材です。
丈夫で水にも比較的強いですが、やはり重く値段も高い。

クラリーノは 軽量で、型崩れぜず、またお手入れも簡単で、値段もかなり経済的。
さらに加工のしやすさから、カラーが豊富でデザイン性も高いです。
丈夫さ高級感という点では天然皮革には劣りますが、多くのメリットを持つクラリーノの魅力は高く 現在、ランドセルの定番になっています。

天然皮革と人工皮革。
どちらもそれぞれ魅力がありますが、コートバンや牛革などの天然皮革は、小柄な子にはかなり重く感じるかもしれません。

小柄な女の子の使いやすさという点では、クラリーノに軍配が上がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

なるほど!

  • A4フラットファイル対応のランドセル
  • なるべく軽量で、背中にフィットするもの
  • 使いやすさを優先するとクラリーノ

ってことのなのね! じゃあ、早速、お義父さん、お義母さんに電話してみるわ!
うまいこと言いくるめて・・・ いえ、娘にとって一番いいランドセルを一緒に買い行きますね!