楽天ポイント最大7倍還元中!

グリーンカーテン|育てやすく虫がつきにくい植物の種類と害虫対策について

熱中症の心配やエコの観点からブームになっているグリーンカーテン。

わが家でもやってみようかな・・・と考えはするけれども、「虫は来ないのかな・・・」なんて、ちょっと心配になりますね。

この記事では、そんなあなたにピッタリの、初心者でも育てやすく、虫がつきにくいグリーンカーテン向けの植物をご紹介しますね。

スポンサーリンク

グリーンカーテンにできる植物のラインナップ

グリーンカーテンにできるのはつる系の植物です。

  • 琉球朝顔
  • 西洋朝顔(ヘブンリーブルー)
  • ヘチマ
  • フウセンカズラ
  • きゅうり
  • インゲン
  • ひょうたん
  • ブラックベリー
  • ころたん(メロン)
  • パッションフルーツ
  • ぶどう

これらは、水やり、つるの回し方、虫よけの方法がそれぞれ違います。

グリーンカーテンとして育てやすい植物はやっぱりゴーヤ

さまざまな植物でできるグリーンカーテン。

最も有名なのはゴーヤ(ニガウリ)ですかね。

ゴーヤは初心者でもたいへん育てやすい植物なんです。

ゴーヤには▼このようにメリットがたくさん。

  • 暑い時季でも枯れにくい
  • 軽い(上にどんどん伸びていくので重さは重要)
  • 葉が小さく密集している
  • ほとんど虫がつかない

ただ、ゴーヤにも2つほど弱点があります。

1つ目は・・・

  • 実が苦い

「良薬、口に苦し」を体現(?)したような苦い実。

でも、苦くない種類もありますよ。それが「あばしゴーヤ」。

こればっかりは食べてみないとわからないでしょうから、ぜひ一度お試しあれ。

そしてゴーヤのもうひとつの弱点はコレ。

  • 葉の量が少ない

葉が密集してはいますが、たくさんは茂らないので、ゴーヤ単体ではスカスカになってしまいます。カーテンにするには不十分なんです。

この弱点は、他の植物を合わせることで解決しましょう。

スポンサーリンク

ゴーヤと合わせるのにおすすめの植物

合わせるのに適しているのが朝顔系パッションフルーツです。

朝顔系でおすすめの種類

朝顔系でおすすめなのが▼この2種類。

  • 琉球朝顔(オーシャンブルー)
  • ヘブンリーブルー(西洋朝顔)
¥605 (2020/09/25 09:30:53時点 楽天市場調べ-詳細)

葉が大きくて茎(くき)はタテに伸びやすく、葉の密集度も申し分ありません。

学校や市役所など、ニュースで紹介されるグリーンカーテンはほとんどが上記の2種類の朝顔です。

ただし、朝顔はカメムシや芋虫(スズメガの幼虫)がたくさんつきます。

花がつくものは基本的に虫を呼びますから、まったく虫のつかない植物はありません。残念ながら。

もう1つのおすすめはパッションフルーツ

「虫がイヤ~!」というアナタに最もおすすめするのはゴーヤパッションフルーツの合わせ技です。

パッションフルーツの良い点は、葉がとても厚く、防虫をしなくても虫がほとんどつかないこと。

かわいらしい卵形の青い果実は、熟すとキレイな赤紫色に変わります。

他にも、パッションフルーツをグリーンカーテンにするメリットはたくさん。

  • 成長が早い
  • 光沢のある葉が美しい
  • 枯れた葉が発生しにくい
  • 病気になりにくい
  • 害虫がほとんど発生しない
  • 無農薬栽培が可能
  • 実がたくさん成る
  • 果実が美味しい

開花から2~3か月で食べられますよ。とっても美味しいです。

それでも虫がついたら対策はこの方法で

外で育てる以上、虫がついてしまう/来てしまうことはどうしても避けられません。

虫対策をいくつか挙げておきますので、お試しください。

1.害虫駆除の粘着シート

昔ながらの捕虫方法、「ハエ取り紙」を使う方法です。

ホームセンターや通販サイトで入手できます。

2.葉の裏にアブラムシがついたら牛乳スプレー

牛乳を2~3倍に水で薄めてスプレーします。牛乳が乾くときに薄い膜ができ、アブラムシが窒息死します。

ゴーヤはアブラムシ以外の虫がほとんどつかないし、牛乳スプレーであれば後々食べるときも安心ですよね。

3.カメムシが来たら天然成分の殺虫剤

カメムシが多く発生する年があります。

実が成らない早い時季であればスミチオン、収穫が近ければ天然由来成分の殺虫剤を使うのがよいでしょう。

¥1,532 (2020/09/25 09:30:53時点 楽天市場調べ-詳細)

ベニカマイルド、ハイベニカなどのスプレー剤を検討してみてください。

住友化学園芸
¥1,009 (2020/09/25 11:33:17時点 Amazon調べ-詳細)

4.コバエには「ムシトリスミレ」

食虫植物「虫取りスミレ」を置いてみてください。

根本の葉の部分からネバネバの粘液を分泌し、コバエを捕まえてくれます。

まとめ

見た目に涼しく、エアコンを使う回数を減らす(=電気・電気代の節約)ことにも貢献してくれるグリーンカーテン。

まずは育てやすいものを選んでトライし、うまくできたら次の夏は他の植物に挑戦・・・なんていうのも、新しい夏の楽しみ方としておすすめです。

 

ゴーヤの実がたくさん穫れたら冷凍保存してお料理に。