卒園式でコサージュをつけないならどんなネックレスがいい?パール?

今春に卒園されるお子様をお持ちのお母様方、卒園式での服装はもうお決まりですか?

フォーマルスーツを選択された方は、
スーツに合わせた靴やバッグ、アクセサリーもコーディネイトしないといけませんね。

“お祝いの場”にふさわしい装いをするには、どのようなアクセサリーを選択するかも重要です。

卒園式でよく見られるアクセサリーと言えばコサージュ。
でもコサージュは卒園式や入学式以外ではあまり使わないから
わざわざ買うのはもったいないかも…と悩んでいる方も多いでしょう。

今回は卒園式でのアクセサリーを迷っていらっしゃるお母様方に、
卒園式にふさわしいコサージュ以外のアクセサリーについてご紹介します。

スポンサード リンク



卒園式でコサージュはつけないでもいい?

 

本来コサージュはお祝いの席での服装を引き立たせるためのもので、
自分の“お祝いの気持ち”を盛装することによって表現したい時に
身につける装飾品の一つです。

コサージュを胸元につけるだけで、
シンプルなフォーマルスーツが華やかなものになりますし、
顔下にボリュームを持たせることで小顔効果も期待できます。
お値段についても、大きくてゴージャスなコサージュでも
高くて数千円とお求めやすい価格ですので、
卒園式や入学式でのアクセサリーとして人気が高いのも当然です。

 

あまりに人気が高く、たくさんの方がつけていらっしゃるので、
「卒園式や入学式でコサージュをつけないのはおかしい?」
と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

先程も述べたとおり、
コサージュはお祝いの場の装いを引き立てるアクセサリーの一つです。

コサージュをつけないと周囲からおかしいと思われるのでは…という理由で
「似合わないのに…」
「今しか使わないものを買いたくないのに…」
と思いながらコサージュを買ったりつけたりする必要はありません

でもやはり卒園式のような時は、その場に合った盛装が求められますので、
スーツだけではさびしすぎるかも…と気になる方は
別のアクセサリーで“きちんんとした装い感”を出しましょう。

 

卒園式のママのネックレスはゴールド?パール?

 

フォーマルな場所でのアクセサリーにはいくつかマナーがあります。

卒園式において守りたいアクセサリーのマナーとしては、

  • 昼の時間帯に行われるものなので光りものはつけない
     
  • 卒園式はお祝いの場であると同時に“お別れの場”でもあるので
    あまり派手なものは避ける

ということです。

「昼には光りものを身につけない」というのは、
フォーマルな場でつけるアクセサリーの一般的なマナーです。

ダイヤモンドなどの宝石類やラインストーン、きらきら光るゴールド類
お昼のフォーマルな席につけていくと、
マナーを知らないと思われてしまいますのでご注意下さいね。

スポンサード リンク

 

また「卒園式にあまり派手な装いは避ける」ということも忘れてはならないマナーです。

卒園式は、お子様たちが健やかに成長して卒園することをお祝いする日であり、
園の先生や一緒に過ごしてくれたお友達に感謝するとともに、お別れをする日でもあります。

ご両親にとっても大変晴れがましい日ではありますが、
主役はあくまでも卒園するお子様たちです。
大振りで派手なアクセサリーをつけてご自身が目立ってしまうと、
周囲の人から顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまいます。

そのあたりの加減や程度については地域差年代差がありますので、
周囲のお母様方や同じように卒園式に出席されるお母様方から
情報を集めるのもいいかもしれませんね。

 

以上のようなことを考慮すると、卒園式につけるアクセサリーで一番無難なものは、
エレガントな印象を与えてくれるパールのネックレスでしょう。

 

 

パールのネックレスはほどよい光沢でお顔周りを明るくしてくれますし、
派手すぎず、年齢に関係なく好まれるアクセサリーですので、
卒園式のようなフォーマルかつ上品な華やかさを求められる場にはぴったりです。

 

卒園式のパールネックレスは二連?一連?

 

パールのネックレスと一言で言っても、いろいろなタイプがあります。

基本的には着用されるフォーマルスーツにあっていれば、
一連のものでも二連のものでも好みにあったものを選んで大丈夫です。

「一連のパールのネックレスは喪の場につけるものなので、
お祝いの席ではNG!」
と言われることもありますが、
これは二連のネックレスは“不幸が重なる”ことを連想させるので
喪の席でのパールのネックレスは一連とされているのであって、
お祝いの時での一連のネックレスがマナー違反ということではありません。

一粒一粒の玉が大きい二連のネックレスは首周りだけが強調されてしまいますので、
二連のものをつけたい場合は小ぶりの玉のものを選びましょう。

一連のものではちょっとさびしい…と思われる方には
イヤリングやピアスとのセットでお使いになることをおすすめします。

 

またお腹のあたりまでくるロングネックレス
フォーマルなスーツ姿にはあまり似合いませんし、
つけ方によっては、だらしない雰囲気になってしまいますので避けた方がよいですね。

スーツ姿を引き立たせるボリュームとバランスを考えながら、上手にパールを使って下さい。 

 

 

※関連記事

卒園式・卒業式、入園式・入学式記事まとめ

 

 

まとめ

 

お子様の晴れの日ですから、お母様も当日のおしゃれには気合いが入りますね。

お祝いの席なので華やかな雰囲気を出したいところですが、
ご自身が主役ではないことを忘れないようにしましょう。

“華やか”と“派手”を取り違えないように気をつけてコーディネイトすれば、
コサージュを選んでも他のアクセサリーを選んでも
“卒園式ににふさわしい装い”になるはずです。

そのお子様の卒園式は一生に一回のものですし、
記念撮影の写真などでその日の姿は長く残るものですので、
後悔の残らないコーディネイトを心がけて下さいね。

 

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す