カップケーキをデコレーション!バタークリームの日持ちと着色方法は

これから年末に向かってハロウィンやクリスマスなど、
ホームパーティーに誘われる機会が増えてきますね。

ホームパーティーにお誘いされたら手土産を持っていきたいですし、
お子さんたちのパーティーに何か差し入れをしなければならないこともあるでしょう。

そんなときに便利なのは焼き菓子です。

前日から作っておけますし、もしも料理やお菓子が多かったり
他の方と同じようなものになってしまってもお土産として持ち帰ることができるので、
パーティーの参加者には喜ばれますよ。

せっかくなのでその焼き菓子にデコレーションして、他の方と差をつけてみませんか?

今回は焼き菓子の中でも簡単に作れて、
今話題のバタークリームでデコレーションしたカップケーキをご紹介します。

 

スポンサード リンク



カップケーキをバタークリームでデコレーション!

 

マグノリアベーカリーというお店のカップケーキをご存じですか?



 

例えばクリスマスパーティーにこんなカップケーキを差し入れしたら
みなさんに喜ばれること間違いなしです。



 

このデコレーションはバタークリームでできています。

バタークリームは比較的形が崩れにくいので持ち運びしやすく、
生クリームよりも日持ちがするので前日に作っておくことができますし、
お家に持ち帰って食べる!という方にも安心してお渡しできます。

 

バタークリームの作り方はいくつかありますが、どのレシピでも失敗しないポイントは2つ。

  • 作り始める前にバターを室温に戻しておくこと
  • クリーム状にする過程でバターを溶かさないこと

です。

 

バタークリームは文字通りバターを撹拌(かくはん)してクリームにします。
冷蔵庫から出したばかりのバターだとうまく撹拌(かくはん)できず、
なかなかクリーム状になりません。

時間をかけて混ぜていると、今度はバターが溶け出してしまいます。

バターは溶けると味が劣化してしまいますので、
溶け出す前にできるだけ手早くクリーム状にしましょう。

 

バターが自然に室温に戻るのを待てない!と
湯せんやレンジなどでバターを温めるという方もいらっしゃいますが、
バターが室温を通り超えて溶け出す可能性があるので、あまりおすすめできません。

 

また、バタークリームのレシピの一つに
卵白とお湯、砂糖でメレンゲを作ってそれにバターを加えていくものがありますが、
この場合もメレンゲを人肌ぐらいに冷ましてからバターを入れるようにしましょう。

メレンゲが冷めていない時に加えるとバターがメレンゲの熱で溶けてしまい、
バター本来のコクや風味、またクリームの滑らかさがなくなってしまいます。

 

この2つのポイントを外さなければ、美味しくて口当たりのいいバタークリームができます。
このバタークリームを使ってカップケーキのデコレーションに挑戦してみましょう。

 

スポンサード リンク

 

バタークリームでデコレーションしたカップケーキの日持ちと保存は

 

バタークリームでデコレーションしたカップケーキは季節によりますが、
常温で3日ぐらい日持ちします。

冷蔵庫で保管すれば5日程度は食べても問題ないですが、
クリームが固くなってしまい、土台のカップケーキもパサついてしまうので、
できるだけ常温で保管しましょう。

 

暖かい時期は冷房が効いている場所や風通しがよく涼しい場所に、
寒い時期はヒーターなどの温風が直接あたらない場所に保存して下さい。

時間が経つごとに美味しさやデコレーションの美しさが損なわれていってしまいますので、
プレゼントやお土産にお渡しするときは
できるだけ早めに食べていただくようにお願いして下さいね。

 

お土産などでお渡しする時に、もしも当日時間に余裕があれば、
デコレーションは当日行うことにして、
バタークリームだけ前日に作って冷蔵庫に保管しておくのもおすすめです。

デコレーションだけの作業だとそんなに時間はかかりませんし、
当日に作業すればデコレーションした時の美しさを保った状態で
お相手の方にお渡しすることができますね。

冷蔵庫で冷やすとバタークリームは固くなりますので、
当日は早めに冷蔵庫から出してゆっくり室温に戻し、
クリーム状に柔らかくなったらデコレーションします。

室温に戻らないうちにかき混ぜたりすると
バターの水分が出てしまうことがありますので
ご注意下さいね。

 

バタークリームの着色方法は

 

まずはデコレーションの土台となるカップケーキを焼きましょう。

カップケーキのレシピもいくつかバリエーションがありますが、
一番お手軽にできるのはホットケーキミックスを使うレシピです。

ホットケーキミックスは薄力粉とベーキングパウダーが
すでに混ぜ合わされているものですので、
これに牛乳、卵、砂糖、バターなどを加えてオーブンで焼けば出来上がりです。

焼きあがったカップケーキはデコレーションする前に十分に冷まして下さい。
カップケーキを冷ましている間にバタークリームを作ります。

 

バタークリームに色を付ける場合は、バターがクリーム状になってから
食用色素をクリームに混ぜます。

スーパーなどで簡単に入手できる食用色素は、赤、緑、黄色などの食紅です。

もう少し色数がほしい場合は、製菓材料店や通販でアイシングカラーを購入しましょう。
いくつかの色がセットになった商品もありますよ。

 

なお、粉状の食用色素はバタークリームになかなかなじみませんので、
粉状の食用色素を使う場合はあらかじめ少量の水や卵白に溶かして液状にしておきます。

耳かき1杯程度の食用色素をバタークリームに入れてその都度しっかり撹拌(かくはん)する、
を繰り返してお好みの色を作って下さい。

 

お好みの色のバタークリームができたら、いよいよデコレーションです。
こちらの動画にいろいろなデコレーションのやり方が紹介されていますので、
参考にして下さい。

動画:How to decorate cupcakes – Cup and cakes

 

まとめ

 

マグノリアベーカリーなどのカップケーキを見ると、
かわいいけれどとても自分では作れそうもない…と思ってしまいませんか?

でもバタークリームをきちんと作ることができれば、その他の作業は意外と簡単です。

気軽に挑戦して、ハロウィンやクリスマス、さらにはバレンタインなどに
オリジナルのデコレーションケーキをご家族やお友達に披露して下さいね。

 

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す