クリスマスプレゼント彼氏が社会人1年目なら何がいい?予算は

彼氏に何をプレゼントしよう?
付き合い始めて2年。お互い社会人1年目。
これまでとは違う環境で今年のクリスマスを迎えます。

学生の頃とは違い、多少はお金にも余裕があるので かえって何を買っていいか迷ってしまう。
何を買ったら喜ぶかな? 予算はどれくらいがいいんだろう? ブランドは?

彼氏は「うーん、なんでも」って感じ。
もっとつっこんで聞いてもいいのかな?

悩みはつもるばかりです…

 

スポンサード リンク



クリスマスプレゼント彼氏が社会人1年目なら何がいい?

 

学生の頃は、予算の関係であまり高価なプレゼントは難しい。
でも社会人になるとそれなりのものをプレゼントすることができます。
選択肢が増える分、悩みも増えるわけですね。
(幸せな悩みですよ!)

ただ、彼氏も社会人1年目ということなら、 だいぶ選択肢も絞れるのではないでしょうか。

 

プレゼントの良いところは、そのプレゼントを見るたびに
プレゼントしてくれた人のことを思い出せるところですね。

社会人として頑張っている彼氏も、 ときには仕事でツライときもあるはず。
そんな彼氏の心の励みになるものは何か?

もちろんそれはあなたです!

そしてあなたがプレゼントしてくれたものが身近にあれば
彼氏はいつでもあなたを思い出して、頑張れます。

 

ということで、社会人1年目のプレゼントは、 ビジネスシーンで必ず身に付けるもの!
この一択です。

 

では具体的にどんなグッズがあるでしょう?
男性目線で勝手にランキングにしてみました!

5位 財布

4位 腕時計

3位 靴

2位 ネクタイ

1位 名刺入れ

 

財布や時計は、価格の幅が広く、 高価なものはとことん高価です。

彼氏のこだわりで、財布や時計だけは
ムリをしてでも 高価のモノを身に付けようと思っている可能性もあります。
だからオススメ順位は低めです。

 

靴は、男性によって、気の使い方がだいぶ変わるグッズ。
彼氏が無頓着のようなら、彼女のセンスがキラリと光るプレゼント。 腕のみせどころです。

選び甲斐のあるグッズですが、やはり履き心地も大事。
買う前に一度は彼氏に履いてもらった方が無難でしょう。
そうすると、サプライズ的なプレゼントができないので、3位。

 

ネクタイは定番中の定番。
彼女のセンスも活かせるし、もらった彼氏も最も実用的でうれしい。
女性が彼氏からもらうネックレスのように、 彼氏は彼女からのネクタイを大切にします。

が、 あまりにも定番なので2位です。

 

おすすめが、1位の名刺入れ。

女性が思うより、名刺に対する男性の思い入れは強いです。
その大切な名刺を保管する名刺入れ。
なかなか自分では買わず、お値段的にもお手頃です。

これ以外にも、 ビジネスバッグ、キーケース、ボールペン、 マフラー、手袋、ネクタイピンなども
人気です。
特にボールペンなどの文具は好きな人には根強い人気があります。
ネームなども入れてくれるので、特別なプレゼントにできます。

いかかでしょう。 社会人になったからこそというプレゼント。
見通しは立ったでしょうか?

スポンサード リンク

 

クリスマスプレゼント 彼氏が社会人の場合の予算は

 

学生と比べて、社会人の方が経済的に余裕はあるでしょう。

だからと言って、「高価なものをあげればいいんでしょ。」というのは 少々違いますよね。
社会人とは言ってもまだ、1年目。いろいろと物入りです。
思う存分にお金を使える訳ではありません。

 

それにあまり高価ものをもらったのでは彼氏の方も困ってしまいます。
クリスマスには、プレゼント代だけでなく、食事代やらデート代やら ナニやらカニやら、
なかなかの手痛い出費があります。

彼女のプレゼントよりも 金額的に高価なプレゼントを渡したい男性陣としては
(だいたい+1万円とお考えください。)
あまりにも高価のプレゼントをもらってしまうと ものすごくプレッシャーを感じてしまいます。
かといって、安すぎるのも…

じゃあ、ずばり相場っていくらなの?ということになりますが、

さまざまなデータがありますが、
もっとも割合の高い予算が1万円~2万円です。
これより安いと社会人としては物足らないし、
これより高いと彼氏の負担が大きくなってしまう という価格帯です。

この範囲におさめておけば問題ないですね。

 

クリスマスプレゼントに何が欲しいか聞くのはアリ?

 

さて最後にプレゼントに何が欲しいかを聞くのはどうなのか?という問題です。

私はアリだと思います。

男性陣はモノに対するこだわりがかなり強いです。
それは値段が高い安いの問題ではなく、 自分の好みかどうかの問題です。

ほぼ同じデザインなのにブランドが異なるだけで 欲しくなったりいらなくなったり、
また一つのブランドであるゆるものを統一したがる 人もいます。
これは当の本人に聞かないと分からない。

もちろん大好きな彼女からもらった!というだけで かなりの付加価値は付きますが、
本当に欲しかったものかどうかはまた別問題。

 

ですから、サプライズにこだわらないのであれば 聞いてしまっても構わないと思います。
その際、「好きなブランドってある?」とか 「〇〇を買うなら何色がいい?」とか
「サイズは?」 と具体的に聞いておくと、買う時に悩まなくて済みます。
品番まで聞いておけば、こだわり屋の彼にも本当に欲しいものをあげられるでしょう。

そこまで聞いても「なんでもいい」という返答なら、本当に「なんでもいい」と思っているので
あなたのセンスで彼氏をコーディネイトしてあげてくださいね。

それに彼氏をサプライズさせる方法は、 プレゼント以外にもたくさん方法はあるでしょう?

 

まとめ

 

社会人として頑張って過ごしてきた1年。
お互いうまくいったこともあれば、失敗や苦労もあるでしょう。

そんな中で社会人として初めて迎えるクリスマス。
ともに相手を気遣ったステキなプレゼントがもらえますように!

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す