セコガニの食べ方は?内子と外子の卵を味わう地元オススメレシピ!

珍しいセコガニをいただきました!
松葉がにと比べると小さいですね。

カニって、 食べ方が難しいんですよね。
足を切り離すのはわかるのですが、 甲羅を外してとなると、 ちょっと手に負えないです。

セコガニは、 茹でたり、蒸し焼きにしたりして 食べられるのでしょうか。

今回は、毎年食べられる時期が2ヶ月だけというセコガニの、
地元の人が強烈にオススメする食べ方をご紹介します。

スポンサード リンク



セコガニの食べ方、身はオマケ?!

 

セコガニはオスと比べて価格が安いので、
水揚げされる地元では、たくさん食べられています。

何と言ってもセコガニのメインは、内子・外子と味噌です。
足の身は食べるというよりは、しゃぶる程度ですね。

お酒が好きな人なら、甲羅の上で内子とカニ味噌を混ぜて、
舌の上に運ぶと最高の味わいです。

セコガニの身は食べるところはほとんどありませんが、
内子と味噌は他のカニよりもおすすめできます
また、鍋や出汁にすると味が濃厚で人気があります。

スポンサード リンク

 

セコガニの内子と外子の卵は食べられる?どう食べる?

 

内子

内子は、未成熟の卵のことです。
色はオレンジ色で、みためは「とろっ」としています。

意外と歯ごたえがあって、よく熟成されたチーズに例えられます。

カニ味噌と混ぜて、日本酒といっしょにいただくと
誰も文句は言わないおいしさです。

 

外子

外子は産卵直前の成熟した卵のことです。

プチプチとした食感で、そのまま食べる場合は、
醤油を少しだけつけて食べると美味しいです。

酒の肴としては、しょうゆ漬けです。
まず、軽く塩もみをして洗います。
酒・しょうゆ・みりん(1:1:1)を 合わせたもので一晩漬け込みます
ご飯に乗せて食べるのも格別ですよ~!

 

地元の人オススメ!セコガニの味噌汁とセコ飯(せこめし)レシピ

 

地元の人は、あーだこーだとゴチャゴチャいじらず、
まるっと味噌汁にしていただくか、セコ飯にしていただくのが一番旨い!と
口をそろえておっしゃいます。

 

セコガニの味噌汁

 



カニの腹側の柔らかい部分から包丁を入れて、 半分に切ります。
ミソや内子をこぼさないように注意しましょう。

カニは水のうちから鍋に入れて、火にかけます。

沸騰してきたら、アクを取りながら10分ほど火を通します。
時間が短いと味噌や内子が固まらないので注意してください。

最後に、味噌を加えて味付けをしましょう。
カニ味噌・内子・外子や身も美味しく食べられます。
お好みで、薄切りにした大根や白菜、ネギなどを 一緒に煮込んで、召し上がってください。
ちなみに地元の人の多くは「具は大根だけ」を勧めます^^

 

セコ飯レシピ

 

セコ飯(せこめし)=セコガニご飯 

 

 

生のセコガニを半分に割って、 足に縦に包丁を入れます。
昆布の出汁に薄口醤油とお酒で薄めに味を付けて、 セコガニを入れて炊飯します。

炊き終わったらセコガニを一旦取り出して、 カニ身をスプーンなどで出してください。
内子と外子とカニ味噌をご飯に混ぜます。
刻んだ三つ葉をいれると彩りがきれいです。

 

まとめ

 

セコガニを愛している地元の人たちの味わい方は、 すごいことになっています。
内子や外子も全部入れるカニクリームコロッケがあるそうです。
セコガニの佃煮なんかもあるそうですよ。

セコガニが食べたくなったら、予約終了には気をつけてくださいね。

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す