結婚式のサブバッグ 男性ゲストも必要?持ち物はクロークに預ける?

招待された結婚式に参加するとき、男性は荷物をバッグで持つべきか。
それとも、手ぶらでもかまわないのか。迷ってしまいますね。

男性は仕事のとき以外はバッグは持たないですよね。
会場での男性の皆さんの様子や必要最低限の持ち物、
荷物をクロークに預けるタイミングなどを紹介します。

スポンサード リンク



結婚式のサブバッグ 男性ゲストも必要?

 

男性はバッグは持たずに、荷物は礼服のポケットに入るものだけにして
手ぶらで結婚式に参列する人が大半です。

男性は女性よりも荷物が少なくて済みますので、
大きなカメラやビデオを持たない限りは手ぶらで参加されます。

 

セカンドバッグが流行していた時代もありましたが、
今では持っていると「ダサい~」と敬遠されてしまいがち。

クラッチバッグと呼ばれるものが出てきましたが、
見た目はほとんどセカンドバッグと変わらないですね。
実際、最近はバッグを持って結婚式に参加する男性はほとんど見かけません

例外的なタイプとして、男性によっては、

  • ご夫婦での出席の場合にご主人の荷物を奥様のバッグに一緒にされる
  • 披露宴会場に入るなり、引き出物の入った大きな紙袋に手持ちの荷物を忍ばせる
  • カメラが趣味の人でカメラバッグに一緒に小物をしまう

という人もいます。

スポンサード リンク

 

結婚式 男性ゲストの必要最低限の持ち物は

 

手ぶらで参加しやすいように必要なものだけを持つようにしましょう。

男性が結婚式に参加するときの持ち物リストから、
できるだけ少なくしてポケットに入れられるように考えてみます。

  1. ご祝儀と袱紗(ふくさ)
  2. 財布
  3. 携帯電話
  4. 招待状
  5. ハンカチとティッシュ

必要最低限でこの5点ですね。

祝儀袋は、袱紗(ふくさ)に包むのがマナーです。
少し頭は出てしまいますがサイドポケットに収めましょう。

財布は、内ポケットに入るように小さくて薄いものが良いです。
ウォレットインの薄型カードケースのようなものに、
数枚のお札とカードだけにするのはいかがでしょうか。

 

携帯電話やスマートフォンは、普段通りポケットにしまえますね。
かさ張らないように、左右のポケットに他のものと分けて入れましょう。

 

結婚式の持ち物をクロークに預けるタイミングは?

 

どうしてもポケットに入らない荷物をバッグでお持ちの方は、
バッグをクロークに預けることになります。

クロークに預けるのは受付をする前が基本です。

つまり、まだあなたの手元に袱紗に入ったご祝儀袋がある状態で受付をします。

受付後に、手元に残った袱紗を、預けたバッグにしまうために
あらためてクロークに持ち込むことはできます。

 

また、祝儀袋以外に預ける予定がない場合は袱紗を使わない裏ワザもあります。
小風呂敷を袱紗の代用にして、 受付後にたたんでポケットに収めればスッキリしますね。

関連記事: 結婚式に袱紗は必要?風呂敷を代用して使うのは大丈夫?渡し方は?

 

 

まとめ

 

結婚式や披露宴で特別にバッグを持たないといけないというマナーも、
バッグを持ってはいけないというマナーもありません。

もともと男性の場合は、バッグを使うことは少ないですね。
普段から、ポケット利用派が多いのではないでしょうか。
いつものようにスッキリとした見た目で結婚式にも参加してください。

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す