赤ちゃんの車の暑さ対策 チャイルドシート保冷剤とグッズを大活用!

赤ちゃんとのおでかけも増えて、これからは夏の車の暑さも心配ですよね。
チャイルドシートに赤ちゃんを乗せると、背中が汗でびっしょりになります。

あせも対策、チャイルドシートを冷やす方法、
車内の気温の上昇を抑える方法をご紹介します。

スポンサード リンク



赤ちゃんを車に乗せる際の暑さ対策は

 

気温が30℃になると、車の中は60℃以上になることもあります。

フロントガラス越しに日差しがあたるダッシュボードなどは80℃近くになります。

駐車する際は、直射日光を避けることが大事です。
日陰になる場所、あるいは屋内のパーキングを探しましょう。

 

サンシェードの効果についてですが、車内の温度は2、3℃しか変わりません
しかし、ダッシュボードの温度は、25℃くらいの差が出ます

それを考えると、チャイルドシートに
直射日光が当たらない工夫もあった方がいいですね。
チャイルドシート用サンシェードを利用することもおすすめです。

大人が経験する、ハンドルやシフトを触ったときの
「あついっ」というようなことを避けてあげたいですね。

 

最近は、外付けサンシェードが話題になっています。
テレビ番組でも紹介されたことがあります。

炎天下2時間後での検証もされていて
外付けサンシェード有りと無しで比べたデータがあります。

最大の温度差は、

  • 車内の温度で22℃
  • ダッシュボードの温度で44℃

という数値が出ていました。
日除け専用に特化して開発されたカバー、さすがの実力ですね。

スポンサード リンク

 

車の暑さ対策 チャイルドシートは保冷しよう

 

赤ちゃんを夏場にチャイルドシートに乗せると、
汗で背中がびしょぬれになりますよね。

あせもの原因になってしまいます。

 

この対策として、チャイルドシートを保冷できるシートがあります。
チャイルドシートにも、ベビーカーにも装着することができるタイプです。
暑い夏でも28℃以下の最適な涼しさが5時間保たれます

 

また、冷やし過ぎないように温度調節シート付専用カバーで
ジェルをおおう形になっています。
背中の部分は、広くて大きな専用サイズのジェルで汗ムレを防いでくれます。

 

車の暑さ対策に活躍するグッズは

 

車の暑さ対策に活躍するグッズは他にもありますよ~!

チャイルドシートを瞬間に冷やすグッズがあります。
冷却スプレーです。
スプレーをした後に手で触るとひんやりしているのがわかります。

即効性があるので、すぐに冷やしたいときには便利です。

 

チャイルドシートの背中の蒸れを防いでくれるのは、ハニカムシートです。

ハチの巣のことを「ハニカム」と言いますが、
ハチの巣のように中空になった立体的なメッシュで、
こもった熱や湿気をに逃がす構造になっているシートです。

 

また、汗取りパッドも重宝します。

赤ちゃんの背中に当たる汗取りパッドの表面は、
赤ちゃんが汗をかいても、さらさらした状態です。
裏面だけが、じっとりします。

その裏面を触って汗の状態をチェックできます
1回分のお着替えが助かるという目安です。

 

駐車時には、車内に取り付けるカーテンを活用しましょう。
吸盤で窓に貼り付けるだけなので、取り付けも簡単です。
窓枠に沿って隙間なく取り付けできるので、しっかりと日差しを遮断できます。

車内の温度を上昇させないように、
外付けサンシェードと併用すると、さらに効果的ですね。

 

まとめ

 

夏の車の暑さを防ぐには、駐車時の対策が大きなポイントです。
おでかけ先には、屋内駐車場も、日陰も空いてないことが多いですね。

帽子をかぶせたり、携帯計測器で気温や湿度をチェックしたり
便利なグッズを利用して、車内温度の上昇を防ぎましょう。

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す