父の日のプレゼント40代~50代にお酒以外なら名前入りの3千円の品を

「父の日のプレゼント、何をあげたら喜ぶかな?」

40代~50代のパパは仕事でも中堅どころ、上司もいるけど部下もたくさんいる立場。
ちょっとお疲れモードな毎日かもしれませんね。

そんなパパが会社でカッコいいと思われたいのが娘のキモチ。

お父さんの株が上がって、高校生でも無理なく買える、3千円以下のプレゼントを考えてみました☆

スポンサード リンク



 

父の日のプレゼント40代~50代にお酒以外なら

 

40~50代のパパにプレゼントするとなると、人気商品やランキングに上がるのがビールや焼酎などのお酒です。

それでもかまわないのですが、お父さん達の本音としては

「気持ちが伝わるものがうれしい」 んですよね。

お酒やスイーツなどの食べ物は、消えてしまうのがもったいない感じがします。
もちろん、ありがとうの気持ちをメッセージカードを添えて伝えるのもひとつの方法です。

また、お酒類は未成年が買えないというハードルもあります。

 

そこで、もうひとひねり!

「パパ、カッコいい!」
「うちのパパ、素敵でしょ」

と娘が思っている、という気持ちが伝わるような、形に残るプレゼントはどうでしょう?

スポンサード リンク

 

父の日のプレゼントは名前入りで

 

40~50代のパパへの父の日のプレゼントにおすすめしたいのが、名前入りのギフト。

ただ買っただけでは味気ないけど、全部手作りするのもかなり大変。
買ったものだけど名前が入ることで、ひと手間かかっている感じが出るのがいいですよね。

 

何に名前を入れるか?は、 パパが普段身につけるもので、会社でチラ見せして自慢できるものがいいですね。

「こんなプレゼントをしてくれる娘がいるんだぞ」というのはパパの誇りになりますし、
上司や同僚、部下から「家庭円満なんだな」と思われることはパパの株をグッと上げます。

家庭がうまくいっていることって、仕事上も信頼される、大事な要素なんですよ。

身につけるもので、会社にもOKなもの…、さああなたなら何を選びますか?

 

父の日のプレゼント 3千円台でおすすめは

 

会社に着て行く・持っていくものといっても、こちらにも予算がありますよね。
高校生なら3千円くらいが無理のない金額かなと思います。

3千円台で買えて、名前入りにできるもので、私からのおすすめは

  • IDカードケース(IDカードホルダー、ネックストラップ)
  • iPhoneケース(スマートフォンケース)

です。

 

スーツで通勤するパパが身につけるものでまず思い浮かぶのがネクタイ。
でもね、ネクタイを選ぶのは本当に難しいです。
お顔や体格によって、似合うネクタイの幅から違うのです。 色や柄を決めるのはその後。

もしネクタイにするなら、スーツとシャツを持ってお父さんと一緒に行って、プロに選んでもらわないとバッチリ似合うネクタイは買えません。
事前にバレちゃうのもちょっとマイナスかな~。

 

ベルトやバッグ、かばんは値段的に厳しいですよね。

他に名前を入れられるもので、3千円以内で買えるものに、傘、キーホルダーやキーケースもあります。
名前入りにできますが、これはちょっと目立ちづらいのが残念!
せっかくパパが自慢したくてもチャンスがありません。

 

IDカードケース

 

その点、IDカード(社員証)は出社から退社まで手放せないもの。
みんなよく首からぶら下げていますよね。

女性はわりと自分で好みのケースを買ってつけますが、男性は会社から支給されたものをそのまま使っている人が多いです。

そんな中で名前入りのちょっとオシャレなカードホルダーをつけていたら…目立ちますよね☆

「いや、これは娘から…(〃∇〃)」

なんて自慢もできます。

 

PASMOやSuicaなど通勤用のICカードを入れるのもいいですね。

 

送料分、もう少しフンパツしちゃうなら…

差し色になる、レッドがカッコいい!
色物に抵抗があるパパにはブラックがいいですね。こんなデザインならステッチの色が映えるので、黒でも地味になりません。

 

iPhoneケース

 

次の候補のiPhoneケース。

iPhoneでもAndroidでもいいのですが(笑)、40~50代の男性ならばシックで高級感のあるケースをつけておいてほしいもの。

オレンジなんかとってもオシャレだと思いますよ!

 

選ぶコツは「色選び」

 

 

IDカードケースもiPhoneケースも選ぶコツは「差し色になる明るい色を選ぶこと」。

スーツってたいてい黒か紺で、みんな暗い色ですよね。
そこに「ん?!」と目立つ色を持ってくるのがオシャレなのです。

色的には、こんなオリーブやマスタードも差し色のいい例です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

2015年の父の日は6月21日(日曜日)、
名前入りにする分、日数には余裕をもって準備したいですね。

パパがデレデレしちゃうプレゼントができますように!

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す