うなぎ 中国産と国産の違いは?定義は?中国産の安全性はどう?

夏のスタミナ食と言えばうなぎ!
土用の丑の日の食べ物としても定番です。

だんだん数が少なくなって天然ものは手に入らないし、国産は中国産の倍くらい高い!
スーパーで買うときはラベルの表示でしか判断できないから、もしパックで偽装されてしまうとわからないですよね。
そもそも何をもって「国産うなぎ」と言うのか定義は決まっているのでしょうか?
中国産のうなぎが安全なら安く食べられて助かるんだけどな~。

スポンサード リンク



 

うなぎ 中国産と国産の違いは?

 

中国産うなぎと国産うなぎの一番の違いは「食感」と感じる人が多いです。
次に「脂」と「泥臭さ」。

  • 国産うなぎ
    身が薄く、固めで、あっさりしている。旨味は濃い。泥臭い・川臭い場合もある。
  • 中国産うなぎ
    身が厚く、ふわっとしていて柔らかい。 脂がよく乗っていて、これをしつこく感じる人もいる。
    ときに「大味(おおあじ)」「雑な味」と感じることもある。

 

一番嫌われる食感が「ゴムのような弾力」ですが、中国産に多いものの、国産として売られているものでもあたることがあるので一概には言えません。
また、蒲焼きになって売られているものはタレの味にも左右されるので、白焼きの状態でないとうなぎ自体の味が分かりにくく、目隠しして蒲焼きを食べると国産と中国産の違いがわからない場合も多いです。

 

この食感や味の違いはうなぎの種類の違いによるところも大きいです。
「国産が一番好き。中国産は無理だけど台湾産なら食べられる。」という声をよく聞きます。

うーん、さすがよくわかっていらっしゃる。

国産うなぎは「アンギラ・ジャポニカ種」
中国うなぎは「アンギラ・アンギラ種」
台湾うなぎは「アンギラ・ジャポニカ種」

を養殖することが多いので、台湾産のうなぎは国産うなぎに近い味なのですね。

 

天然物はもうほとんど一般のスーパーには(料亭でも)出回らないので、すべて養殖うなぎと考えてまず間違いありません。
シラスうなぎを育てて、さばいて蒲焼きに加工して… どの段階をどれくらい過ごしたものが「国産」と言えるのでしょうか。

 

うなぎの「国産」の定義はあるの?

 

スーパーや魚屋さんでは

  • 国別の表示:国産、中国産、台湾産
  • 国内の産地の表示:鹿児島産、静岡産、宮崎産、徳島産、三河産、など

とパックやポップに表示されていますが、この「◯◯産」は何をもって定義するの?って思いますよね。
これには法的な産地の定義があります。

「シラス(稚魚)から出荷できる大きさに育つまでに一番長く養殖された場所」 を産地と言う

と決まっています。
天然うなぎの稚魚(シラス)を捕獲し、一定量になって初めて養殖業者に託すことができる仕組みで、そのため「どこの産地の養殖業者のもとで育ったか」が「◯◯産」になります

ここからが複雑なところで、実は同じ鹿児島産うなぎも味が同じではありません。

例えば「以前食べた鹿児島産うなぎがとってもおいしかったから、うなぎは鹿児島産に決めた!」と思ったとしても、同じ味にまた出会えるとは限らないんです。

同じ地域の養殖業者でも水質やエサの与え方など管理方法の違いで水質が変わり、うなぎの味が変わります。 季節によって最適な産地も変わります。

なので、産地でおいしさを期待するのは意味がないのです。
この理由から、消費者が敬遠しがちな中国産や台湾産のうなぎも、国内のうなぎ専門業者が扱うことが多いようです。

産地だけで偏見をもって敬遠せず、うなぎの質だけを見ると、国産よりも中国産や台湾産のほうが状態がいいときがあるためです。

 

うなぎ 中国産の安全性はどう?

 

産地だけで判断できないとなると、次に気になるのが中国産や台湾産うなぎの安全性です。

 

2005年に中国産養殖うなぎから、マラカイトグリーンという合成抗菌剤が検出された事例があり、

※参考(外部リンク)
厚生労働省:中国産養殖鰻のマラカイトグリーン検出についてのQ&A 

中国産うなぎへの懸念が高まりました。

 

他の中国産や中国で加工された食品でも何度か問題が起こりましたが、そのたびにスーパーから撤去されたり、消費が落ち込んだり、中国が輸出停止にしたりしています。

これらのトラブルがうなぎの安全性を高めたことも事実です。
中国側も日本側も信頼を取り戻し、消費を高めるために、高いコストをかけてどんどん新たな検査を義務付け、基準を強化しました。

 

ネットでは様々な情報が流れ、毒々しい色の川や土地などインパクトのある画像を掲載して「こんなところで作られたものは食べられない!」と書かれているサイトもあります。
一方でスーパーなどは信頼性を高めるためにトレーサビリティを強化して、産地や販売者、加工者がわかるように情報開示に積極的になっています。

これらのことを踏まえると、中国産うなぎが危険だとは言えないと思います。

それでも 「自分は絶対に中国産うなぎは食べません」 という人もいます。
逆に 「月一で中国産ウナギをスーパーの特売日に買って食べているけど、別に体調の変化はないから大丈夫」 「国産表示でも安心はできない」 という人もいて、いろいろです。

スポンサード リンク

 

今回うなぎについて調べてみて、うなぎの産地の定義や、加工業者側で入荷した養殖池のロットごとに残留抗菌性物質検査を行なっていることを知りました。
中国産だから危険!なんて言えないんだなとわかりましたので、わが家では中国産うなぎも敬遠せずに食べますが、食べることって気持ちの問題が大きいですよね。

完全なトレーサビリティができて情報開示されて「安全だよ!」と言われたとしても、結局のところは、食べる人自身が「大丈夫」「食べよう」と思わない限り、おいしく食べることはできません。 疑いながら食べても後味が悪いですものね。

 

土用の丑の日も必ずうなぎを食べなければいけないわけではありません。
「う」のつく食べ物、「梅干」「瓜」「うどん」「牛肉(うしにく)」などを食べることでも精をつけられると言われています。
うなぎが苦手な人、うなぎを食べることに抵抗のある人は、他の「う」のつく食べ物で置き換えましょう。

 

まとめ

 

2015年の土用の丑の日は7月24日。二の丑は8月5日。
暑さの厳しい季節なので、うなぎやスタミナのつくものを食べて、真夏と残暑を乗り切りたいですね。

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメントを残す