国際線では日焼け止めの機内持ち込み可能?ジェル、スプレー?量は?

2006年8月10日に明らかになった
「英国での航空機爆破テロ未遂事件」をきっかけに、
国際線の航空機内へ液体物を持ち込むことに 制限がかかるようになりました。

(国内線では2014年5月現在制限がありません)

制限される対象物は「液体物」と言われていますが、
個々の項目については解釈が様々で混乱することも多いです。

とくに化粧品は種類がたくさんあるので迷いますよね。

でも原則がわかれば大丈夫。
1ステップずつ見ていきましょう。

スポンサード リンク



 

国際線の飛行機に日焼け止めは持ち込みできる?

 

量の制限はありますが、日焼け止めを持ち込むことができます。

日焼け止めには

  • ジェル
  • 半固体
  • 液体
  • スプレー

といくつかの形状があります。

これらは基本的に「液体物」として扱われ、
量的な制限を守れば 手荷物として機内に持ち込むことができます。

 

ただし、この制限は

持ち込む「液体物」すべてに適用される ので

必ず機内に持ち込む必要があるかどうか?
を考えてみることも必要です。

 

ではどんなものが「液体物」なのかを見ていきましょう。

 

機内持ち込み制限の「液体物」と持ち込み方法、量は?

 

まず、原則をお伝えしますね。

機内持ち込みの際に「液体物」と解釈されるのは、
ふだんの生活では液体と見ていないものも含まれます。

ざっと例を挙げてみましょう。

 

機内持ち込み時に「液体物」として制限のかかるもの

  • ヘアケア用品:ヘアスプレー、ヘアトニック、育毛剤(液体、スプレー)、ヘアカラー、白髪染め、ブリーチ、ヘアワックス、シャンプー、リンス、コンディショナー
  • ハンドソープ
  • スキンケア用品:化粧水、乳液、クリーム、洗顔フォーム、日焼け止め
  • メイク用品:化粧下地、リキッドファンデ、マスカラ、リップジェル
  • シェービングフォーム
  • ネイルケア用品:マニキュア、除光液、ネイルアート用品
  • 入浴剤、バスオイル、ボディシャンプー、ボディクリーム
  • マウスケア用品:洗口液、歯磨き粉
  • 香水、オーデコロン
  • アロマオイル
  • 制汗・清涼・冷却スプレー(衣料につけるものも含む)
  • 芳香・消臭・除菌・シワ取りスプレー(身体用、衣料・室内用)
  • 家庭用洗剤(漂白剤・カビ取り剤は除く)
  • 洗浄液(入れ歯用、かつら用、ジュエリー用、メガネ用、髭剃り用)

…と、これくらいにしておきましょうか^^;

 

液体、ジェル状のもの、
ヨーグルトやプリンなどの半固形物(食品も含まれます)、
歯磨き粉などのペースト状のものなど

ふだんの生活では「液体」と言わないものも
国際線の中では「液体物」として制限がかかります。

 

※参考
航空:国際線の航空機客室内への液体物持込制限について – 国土交通省 

上記ページの「2. 量的制限の対象となる液体物のリスト(PDF形式/138KB)(国土交通省)  」に詳しく解説されています。

 

「液体物」ではなく「医薬品」の扱いをするもの

  • 医薬品熱冷まし用シート
  • コンタクトレンズの保存液や洗浄液
  • 目薬
  • 点鼻薬
  • ベビーミルク・ベビーフード
  • 特別な制限食

などは、

事前申告すれば 「液体物」の制限とは別枠で
「医薬品」として機内で必要な量に限り持ち込み可能となっています。

(申請しなければ液体物としてカウントされるのでご注意を)

スポンサード リンク

 

固形物として制限対象外となるもの

一例を挙げると、

  • ウェットティッシュやメイク落としシート
  • リップクリーム・口紅で固形のもの

などは、液体物持ち込み制限対象外のため、制限なく機内に持ち込めます。

 

普段はクレンジングミルクを使っている人も

機内持ち込みの分だけはメイク落としシートにする

などアレンジしてもいいですね。

 

国際線の機内への持ち込み方法

■個々の容器

・1つ100ml以下の容器に入っていること(mlはグラムに置き換えて換算可能、100ml=100g)

・個別の容器自体の色は何でもよい(透明でなくていい)

■液体物は透明なビニール袋にまとめる

・上記の容器に入れた持ち込み制限物は
 縦横の合計が40cm以下(1リットル以下)の透明な袋に入れる
 つまり、合計40cm以下=タテ20.7㎝×ヨコ18.3㎝の袋などでも良い

・上記の無色透明のプラスチック袋を「ひとり1袋だけ」
 マチ付きの袋は1リットルを超えるためNG

・「1リットル=100mlの容器が10個」ではなく、すべてを1Lの袋に入れるということ

・まとめたビニール袋はファスナーやジッパーで密封できること
 (ジップロックのようなものが最適)

 

上記の条件をすべて満たすことができれば機内に持ち込めます。

 

よくある誤解は、「100ml以下」の考え方。

例えば、使いかけの商品で、
容器は550ml入りだが中身は100mlしか入っていない、 なんてことありますよね。

しかしこれは「550ml」とみなされるため
保安検査を通過することができません。

中身がどれだけ入っているかではなく、容器の大きさで判断しましょう。

 

このように、国際線の場合は
機内持ち込み量がかなり制限されます。

例えば保安検査後に
ジップロックが閉まらないほどパンパンだったら
その場で何かを廃棄しなければなりません。

 

トランジットやトランスファーで長時間過ごさなければならず、
その間にシャワーを浴びる、という場合なら
シャンプーやリンスは手荷物として持って行きたいですよね。

 

トランジットの際にたくさん日を浴びそう!
ということなら日焼け止めも必要でしょう。

 

持ち込める量に制限があるので、 優先順位をきちんとつけて
機内に持ち込むのか、
到着地まで預けてしまうかを決めることをおすすめします。

 

>>>関連記事<<<

飛行機の中はまるで砂漠?!国際線に乗るときの乾燥対策テク完全版!

 

スプレーの解釈は?液体?危険物?

 

一番判断に迷うのがスプレーの解釈です。

日焼け止めもスプレータイプのものが増えました。
とっても便利なんですよね。

 

でもこれって「引火性」って書いてあるから危険物?
「火気と高温に注意」ってことは機内に持ち込めない?

 

いえいえ、原則OKです。

 

解釈に違いが出るのは「持ち込める量」だけなのです。

 

・液体物として解釈(国土交通省)

化粧品や医薬部外品(直接肌につけるもの)のスプレー類は
危険物に分類されるものとして

1容器あたり0.5L/0.5㎏、1人あたり合計2L/2㎏まで輸送を許可

としていますが
機内持ち込みに関しては「液体物」の条件を適用させています。

参考 → 量的制限の対象となる液体物のリスト(PDFファイル)(国土交通省)

※2015.10.07追記
上記PDF内の
【化粧品類(非放射線性のもの)】ガスボンベ式スプレー(圧縮した高圧の気体を鉄製の容器にいれ、噴霧させるスプレー)

・化粧品、医薬部外品

の欄に客室持ち込み可となるスプレーの種類が書かれています。
また、スポーツ用品・日用品に分類されるスプレー、それ以外のスプレーの扱いも書かれていますので、ぜひご一読ください。

 

・スプレー類として解釈(例:ANA)

化粧品類(ヘアスプレー、制汗スプレーなど)や
医薬品類(殺菌・消毒スプレー、冷却スプレー)については、

1容器あたり0.5L/0.5㎏、
1人あたり合計2L/2㎏まで許可(機内持ち込み・お預けともに可)

となっています。

量の解釈の差はありますが、
ガスボンベ式にせよ、霧吹き式にせよ、スプレーの持ち込みは可能です。

 

両者を考え合わせると、液体物の量で持ち込むのが無難かもしれませんね。

 

国土交通省 国際線の航空機客室内への液体物持込制限について

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

「液体と解釈する範囲」が理解できれば、
あとは到着地まで必要なものを検討するだけ。

そんなに難しくないですよね。

 

ここでは国際線の出発について書きましたが、

国内の空港の保安検査を通過したものや免税店購入品であっても
乗り継ぎをする場合は国によっては制限がかかることがあります。

 

この意味でも、機内持ち込みは 必要最低限のものに絞りこむことをオススメします。

どうぞ良い旅を!

 

スポンサード リンク
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


2件のコメント

  • これは凄い良い記事ですね。
    来週からフロリダに行くのですが参考になりました。
    ありがとうございます。

    • るるる

      さまさん、コメントありがとうございます!

      解釈が難しく、一生懸命まとめた記事なので
      お役に立てたなら、とてもうれしく思います。

      フロリダに行かれるのですね。
      どうぞ良いご旅行になりますように!

コメントを残す