母の日のプレゼントに日傘 長いのか折りたたみか迷う!軽量なのは?

2015年の母の日は5月10日(日曜日)ですね。

母の日のプレゼント、今年は日傘にしようかな。
季節的に日差しが強くなって熱中症も心配なので
日傘を持って出かけてほしい。

軽いものだったらおっくうがらずに持ってくれるかな?

70代女性がふだん使いするなら
折りたたみと長いものと、どっちがいいだろう?

スポンサード リンク

母の日のプレゼントに日傘を買うなら

 

「年齢を重ねても女性は男性より元気だ!」 なんて言いますが、
50代より60代、60代より70代と体力は衰えます。

知人の女性たちがみんな、口を揃えて
「70歳を超えたときはガクンと体力が落ちたと感じた」
「70の壁はすごいよね」
って言うんですよ。

 

うちの母もついに70代。
体力を保とうとできるだけ外に出て歩いていますが
ちょっと油断すると熱中症っぽくなって
出先で具合が悪くなったこともあるようなので、
母の日に日傘を贈って使ってもらおうかな?
と思う場面が何度かありました。

 

日傘を選ぶポイントは

  • デザイン
  • 重さ
  • 日傘専用?晴雨兼用?

のうち、どれを重視するかになりますね。

例えば荷物が重くなるのがイヤな人だったら
ちょっとでも重いと思ったらもう使わないだろうなぁ~(笑)、とか。

せっかく贈るのだから 使ってもらえるものを選びたいですね。

 

関連記事

晴雨兼用傘の選び方、UVカット機能と雨への強さは?雨晴兼用との違い

 

日傘は長いのと折りたたみとどっちがいい?

 

日傘は、長いまま持つものと、折りたたみのものがありますね。
どちらがどんなふうにいいのでしょうか。

 

長い日傘のメリット

折りたためない、長いタイプの日傘のメリットは
なんといっても柄が持ちやすいこと!

持ち手がしっかりついているので 手が疲れません。

 

長時間外を歩く人、
短時間しか外を歩かないけど屋内へ出入りしない場合や
わざわざ折りたたむのが面倒な人は
長いままの折りたたまないタイプの日傘がいいでしょう。

 

折りたたみタイプの日傘のメリット

傘を差している時間が短いなら折りたたみの方がオススメです。

スポンサード リンク

長い日傘よりもコンパクトなので
折りたたまなくても
大きめのカバンならそのままカバンに入ります。

雨傘ではないのでカバンに入れても
中のものが濡れません。
困るのは、ちょっとカバンから柄が飛び出すくらい^^;

 

スッとカバンに突っ込んでしまえるから
どこかに置き忘れる心配もありません。

旅行に出かけるときも持っていきやすいですね。

 

日傘で軽量なのは折りたたみ?

 

日傘の長さは贈る方の使い方で決めるとして、 重さはどうでしょうか。

軽量と書かれているものを見ても
私が探した範囲では

  • 長い日傘 : 250~500g
  • 折りたたみの日傘 : 125~230g

と差がありました。

 

折りたたみ式の日傘のほうが
若干サイズが小さいので重さも変わってくるのかも。

 

また、長い傘で和傘のように8本骨・16本骨と骨が多いものは
強度が上がる分、どうしても重くなりがちです。

 

強度と持ちやすさで選ぶなら長傘タイプの日傘、
軽さで選ぶなら折りたたみタイプの日傘ですね!

 

関連記事

2014年母の日はいつ?なぜカーネーションを贈るの?その由来とは

母の日のプレゼントはどうする?お花以外の贈り物は何がおすすめ?

母の日のプレゼント 中学生の息子から1000円以内とメッセージ文面

母の日 義母へのプレゼントアイデア 息子からデートか写真を

母の日のプレゼント 遠方ならデジタルフォトフレームは?選び方はこれ

 

まとめ

 

贈る方の外出パターンによって
長いタイプの日傘にするか、
折りたたみタイプにするかを決めるのが良さそうです。

いつまでもイキイキと行動してくれますように…
と祈りつつ贈りたいですね。

スポンサード リンク
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す